2013年11月03日

イラン入国

16時の便でドーハを出発予定で搭乗口で待っていた。
行き先はイランの北東部、イスラム教シーア派の聖地マシュハド

テヘランやシーラーズ等に行く飛行機なら違ったのかもしれないが、さすが聖地に行く飛行機だけあって敬虔そうなイスラム教徒の搭乗客が多い。なんと乗客の半分以上は全身黒い衣装に覆われたイスラム教徒の女性であった。かなり異様な雰囲気だった。
マシュハド
本当にお前マシュハドに行くのか?というような顔をされながら搭乗口を通過。すると・・・
「あなたはビジネスクラスに移動してください。」と小声で言われタダでグレードアップ。
なんとなく、飛行機に一人だけ乗った異教徒だからちょっと一般の人たちと離されたのだろうか・・・
なんて無駄な想像もしてしまうほどの状況であった。

フライトは約3時間。着陸前に見える街の光を見て身が引き締まる。
イスラム教シーア派が国民の95%を占める国、イラン。
(イスラム教徒約12億人のうち、シーア派は約2億人と言われる。)
1979年のイランイスラム革命以来、現在に至るまで欧米諸国とは敵対する関係である。
旅行者であっても女性は頭にチャドルを巻かなければならないし、ビザを取るのも大変で、宿や交通機関の予約もできない。いざ旅をするにもい準備に時間のかかる国。

そんなことより一般的には核やテロの国というイメージがつきがちな国でもある。
そうではないと知ってはいても、緊張感はいつもより大きかった。


空港では旅行会社の運転手が迎えに来てくれていた。
というのも、いつもならこんなサービス頼まないのだけど今回は事情があった。
それは、マシュハドからテヘランへの国内線の飛行機の購入のため
現在イランはアメリカからる経済制裁を受けている影響で、クレジットカード等の決済ができず、日本からイラン国内線のチケットを直接買うことはできないのだ。

というわけで、イランの旅行会社に国内線のチケット手配を依頼していたのだけど、その受取条件として空港への送迎サービスを依頼し、その運転手に代金を払いチケットを受け取るという形式だったのだ。
(ちなみに、依頼したのはIRAN TRAVELING CENTER。航空券:65ドル, 送迎料:25ドル)

20分ほど走ると市街へと着く。宿は予約していなかったのだけど、この時期はどこも満室。
運転手のおっちゃんが親切に色々探してくれて、一泊20ドルのホテルで手を打った。
今はラマダン中であり、巡礼者が多く訪れるためどこもいっぱいだそうだ。

長い移動に疲れたので、街を周るのは翌日の朝から。
朝食付きだと言っていたが朝起きて食堂へ行ってみても何も無い。やはり日の出前に行かないと料理は無いのだろうか。まぁいいや。ラマダンの勝手がわからないのであまり強くも言う気もなかった。
こんなこともあろうかと持参したカロリーメイトを食べて外へと出た。
マシュハド
初めて感じるイランの空気。想像していたイランとはずいぶんと違う。
マシュハド
思ってたよりも都会で、緑が多くて、生活観の溢れる街だ。
マシュハド

向かうは、ハラムと呼ばれるハラメ・モタッハル広場
年間2000万人のイスラム教徒が訪れるという、大巡礼地だ。
マシュハド

イスラム教シーア派最大の聖地、エマーム・レザー廟

第八代のイマーム、アリー・アル・レザーの殉教地。
マシュハド
なんせ広すぎて入り口が複数あり、どこから入って良いのか最初わからない。

異教徒が入れる入り口は決まっているようで、頼んでも無いガイドがついた。
英語で説明しながら一緒にまわってくれるオッチャン。途中、異教徒向けにイスラムについての本なんかもプレゼントされ荷物が増えてしまったが、最後に絨毯博物館まで行って別れを告げられた。見終わったらそのまま出口に向かいなさいと言われたが、素直にそのまま帰るわけが無い。

ちなみに広場の中はカメラ撮影禁止で、入る前に荷物は全て預けなければならない。
しかし、みんなケータイでは結構撮影していたので、便乗して撮影をさせてもらった。

マシュハド

どこまで細かく作られているんだ!!そう思わされる程建物は美しい。
細かいタイルの装飾が青く光り、見るものを魅了する。

マシュハド
当たり前やけど周りは全員イスラム教徒。
真剣な巡礼者を前に溢れ出す「自分がこんな所に居ていいのか感」。

マシュハド
エルサレムの岩のドームのミニチュアみたいなのがあった。
マシュハド

マシュハド

現在も建築中のものがいくつもあり、未だ拡張が続いているようだ。

歩き回っているととある若者に声をかけられ建物の中に連れ込まれた。
そして、絨毯の上に座らされ、十数人もの若者たちに囲まれた。
そこに居た若者の国籍は様々であった。イラン人はもちろんだが、その周辺国である
アフガニスタンやパキスタン、マレーシアやタイ、オーストラリア等意外な国の人も居た。
何か悪いことしただろうかと不安になっていると、どうやらそうじゃないらしい。
こんな所に日本人が来るのは珍しいのだろう、みんな話がしたいということだった。
なぜここに来たのか、あなたは何の宗教を信じているのか等みんな興味津々。

正直イスラム教徒じゃないのにこんな所にまで入ってきた後ろめたさもあったのだけど、
「イスラムに興味を持ってここに来てくれたことが嬉しい。」と言ってくれて嬉しかった。
そして、自分もイスラム教徒である彼らが、異国である日本人の文化や考え方などに興味を持って、色んなことを聞いてくれるのもとても嬉しかった。


ハラムが巡礼地としての本当の姿を見せるのは、日が暮れてから。
昼も過ぎ、太陽が高くなり暑くなってきたので一度ホテルに戻り、休むことにした。

2013.08.03-08.04
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

ドーハへ

夏の長期休暇、今回は3年ぶりに中東へ。
イスラム圏はひさしぶりなので楽しみと緊張が半々。


23時45分関空発のカタール航空で一路カタールドーハへ。
飛行機
カタール航空を使うのは初めてではないけど入国はしたことが無かった。
というわけで、乗り継ぎ時間を利用して今回が初めての入国。

ネットで調べてみるとトランジット客向けの無料ツアーがあるという書き込みを見たので、入国ゲートの横のカウンターで粘って聞いてみたけど結局よくわからない感じであった。もうなくなったんかな・・・。(↓これがそのカウンター)
飛行機

結局7時ごろまで空港で時間を潰して、その後普通に入国。
地○の歩き方なんかを見ると『世界一退屈な街』などと書いてある。

次の飛行機は16時台で、かなり時間があるのだけどそんなにすることあるのだろうか・・・。そんな心配をしながらとりあえずタクシーに乗って市街へ。
ドーハ
車を降りたのはスークの前。とはいえまだ7時過ぎなのでどこも開いてない。
仕方が無いので少し先の海岸へと歩いていく。ほんの目と鼻の先だ。
信号になんかムカつく表情の看板が立ってた。なんじゃこりゃ。
ドーハ

海岸沿いの道はお散歩にはちょうどいい雰囲気♪
ドーハ

対岸には高層ビル群が見え、その前には変わった形の船が所狭しと停泊している。
ドーハ
砂が舞っているのか少し霞んでいるけど、おもしろい風景だ。

陽が上がってくるとすごく暑くなってきて、海岸沿いを離れる。
すぐそばにあるイスラム文化センターなる施設で一休み。
ドーハ

しばらくすると隣のスークも店が開き始めた。
ドーハ
アジア人が珍しいのかマジマジと見られるけどしょうがない。

布生地、服、香辛料、日常雑貨、おもちゃなどジャンルを問わず色んなものが揃う市場。
ドーハ

ドーハ

ドーハ

ドーハ
値段も他のイスラム国に比べると割高に感じるが、結構簡単に値切れる。

前から欲しかった、イスラム男性の赤白バンダナと黒いリングを購入。
ドーハ

ドーハ
とりあえず満足。帰りには服も買えたらいいな(笑)
他にもカラフルな刺繍の施された帽子を買った。実用性は無い。

買い物にも飽きた頃、本当にやることがなくなり、まだ昼にもなっていないが空港に戻った。空港は空調効いてるから快適♪ここであと数時間ネットをして過ごすことにした。
言っちゃ悪いけど、今後入国することは無いかなと思うほど本当に退屈な町だった。。

2013.08.03
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 21:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | カタール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

西表島

朝。波照間島から荒波にもまれて40分、石垣島へ一度戻る。
そして、もう一度船に乗って今度はお隣の西表島へ。


西表島へは航路が2つあるのだけど、今回は北部の上原港へ。
今回お世話になる宿はさわやか荘。丘の上の綺麗なお宿。

宿についてから、近くに見えるビーチに行こうと水着に着替えて出る。
がしかし、道がわからなかったのと、あまりの暑さに心がくじける。

少し宿でのんびりと過ごし夕ご飯を食べ後、予約していたツアーのお迎えが来た。
申し込んでいたのはサガリバナの鑑賞ツアー。西表島に自生する美しい花。
夜の間に開花して翌日には落花する儚い幻の花。
西表島

結構歩き回って2〜3だけ開花しているのを見つけられた。少し時期が早かったかな。。
西表島
色はピンクのものや白いものがあった。個人的にはピンクのほうが好き。

次の日には、朝からカヌーツアーへ参加。
昨日のサガリバナツアーで歩き回った辺りを抜けていく。朝のサガリバナはこんな状態。
西表島
確かに、夜に見ないとあかんなこれは・・・。

そしてカヌーに乗ってマングローブの中を進んでいく。
西表島

初めてのカヌーでちゃんと進めるか不安だったけど、スイスイ進めて楽しかった。
西表島
めっちゃ暑かったけど・・・。

カヌーをこぐこと40分ほどでピナイサーラの滝の麓へ。
変わった樹が生えていた。板根と言うらしい。これで根っこだとは驚いた。
西表島

ここから一時間ほどだろうか、山道を登り滝の上へと向かう。
西表島

結構ハードだった。でも上から見える景色は疲れを忘れさせる絶景!!
西表島
滝の上でお昼ご飯を食べて、再び山道を下る。
そして向かうのはさっきの滝の滝壺。

西表島
ここでは水着になって泳いだ。気持ちいい!!まさに大自然満喫って感じ。

宿に帰ったらヘトヘト。
道端無人販売で買ったピーチパインマンゴーを食べて疲れを癒す。

西表島

西表島
ここのピーチパインは本当に美味しい黒ハートいくらでも食べれそうだ。

夕方、宿の屋上から見える夕日を見る。とても綺麗。
西表島

そして、8時ごろからヤシガニを見に行くナイトツアーに参加。
1時間ほど浜を歩き回ったけど、なかなかヤシガニが見つからない・・・。
もう見つからないと諦めかけてたその時、最後の最後に大きいのが出てきた!!
西表島
想像よりかなり大きくてびっくりした。冷静に見ると気持ち悪い。
ところで、このカニ食べれるんだろうか・・・。食べる気はないが。

宿に帰って、またまた屋上に上がる。寝転がって空を見上げると満天の星空。
西表島
天気の関係かもしれないけど、波照間で見た星空より綺麗だった気がした。


そして翌日の朝。午後には石垣島へ帰るので午前中だけのツアー参加。
西表島から船に乗って10分程のすぐのところにあるバラス島へ。
西表島

バラス島は珊瑚でできた島。青い海に白く輝く美しい島。
西表島
小さな島だけどたくさんの人が訪れていた。一日中居る人も居るそうだ。

島の周りにはもちろん珊瑚礁が広がっていてシュノーケルで海中散歩。
西表島

カラフルな珊瑚やカラフルな魚に触れ合うことのできる貴重な場所。
西表島

1時間ちょっと楽しんだ後は西表島へと帰り、ツアー会社でシャワーを借りた。
その後は港へ行って石垣島に。そして一泊して大阪へと帰った。(石垣は通過だけだったな。。)
西表島、ヤマネコには会えなかったけど本当に楽しかった。

2013.06.29-07.01
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

波照間島

再び石垣港へ戻って確認をすると・・・
なんと波照間島への最終便が出るとのこと!やったー!!

波照間島
しかし、想像以上の揺れで、まるでジェットコースターに乗ってるかのよう。
島に着いたときにはかなり気持ち悪くなってました。ナメてた・・・。

島に着くと、宿の人が迎えにきてくれていた。宿へ向かう途中でよった展望台(?)。
波照間島

田舎の島って感じ。一日でえらい遠いところまで来たもんだ。
波照間島

宿に着いて一通り説明を受けた後、自転車を借りて島を一周♪
すでに時間は3時を過ぎていたので、日暮れまでの2時間ちょっとだけやけど。
最初に向かったのはビーチ!景色が開けたとたん見えた青はとても印象に残った。
波照間島

『波照間ブルー』とたたえられるだけある、青く美しい海。
波照間島

その後、島の南端まで走ってみた。
波照間島
遠回りだったのもあってか、思っていたよりも遠かった。
そして最南端へ。波照間島の最南端は日本の最南端
波照間島
少し遠くに天文台が見えるだけで、小さな碑が立つだけ。最果て感満載。

帰り猛スピードで戻って、ビーチでの夕焼けにギリギリ間に合った。
波照間島

晩御飯(魚介だらけの具でほとんど食べれなかった)を食べた後には、天文台へ。
島中の観光客が全員集まってるんじゃないかというぐらい人が集まっていた。
6月中頃までならば南十字星が見える緯度のこの島。
下旬になっちゃって今は見れないけど星はすごく綺麗だった。


宿は結構すごいとこで、おっちゃん2人で建てたとかなんとか。
めっちゃでっかいゴキブリが出てきてびっくりした。しかも飛ぶし。。
沖縄の洗礼。。また出てきやしないかと一晩中びくびくしていた。


2013.6.28
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

竹富島

格安航空ピーチで関空〜石垣島便が6月より就航。
早速石垣島周辺に遊びに行ってきました。なんと往復22,680円!

朝7時10分の飛行機のため、泉佐野にて前泊。
関空からは2時間半ほどのフライトで新石垣空港へ。

波照間島への定期船に乗るため、空港に着いたらその足で港へと向かう。
石垣島
しかし、強風のためここ4日船が出ていないことが発覚。。この日も第三便までは欠航。
とりあえず船が出ることを祈って、それまでの間竹富島へと行くことにした。

竹富島へは石垣島から高速船で10分程度。
こぢんまりとした島なので、サイクリングをして島巡りをすることに。
港へ着くとレンタサイクルと書いた車がたくさん止まっているので適当に選んで乗る。

自転車に乗ってすぐに、水牛車に出会った。
竹富島
ちょっと乗ってみたかったな・・・笑

島民より観光客のほうが多いような気がする。。静かで落ち着いた、雰囲気ある町並み。
竹富島

途中であった展望台に登ってみた。
竹富島

元々は来る予定のなかった島だったのだけど・・・
もしかして、沖縄で一番良い島に最初に来てしまったんじゃないか?

竹富島

住宅街を少し外れて走る。少し暑い。
竹富島
みんな自転車でのんびりと観光している。たまにはこんなのもいいなぁ!

海岸線まで来ると綺麗な海が広がる。水着持って来ればよかった。。
竹富島

もっと長い時間滞在してもよかったと思える島でした。

2013.6.28
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

信楽

有名な信楽焼きの町、滋賀県の信楽へと行ってきました。
珍しく車でのお出かけ。枚方や京田辺を通り抜けて滋賀県へ。
しばらく走っていると、道端のたぬきが増えてくる。

信楽の町に入ると桁違いのたぬきを目にすることに。
信楽

信楽焼=たぬきのイメージは強いけど、ここまで多いとは思わなかった。
町の人口より絶対たぬきの方が多い。

信楽

こんな細長いやつも発見。色んなタイプが居るのか。。
信楽

食堂ですらこのありさま。徹底してて良い。
信楽

今回訪れたのは信楽陶芸村
信楽
ここでは、たぬき作り体験ができるのだ!

円筒状の粘土が渡され、お姉さんが実演でやり方を説明してくれる。
手際よく数分で立派なたぬきができあがる。さすがプロ!
信楽 信楽

ちなみに、気に入らなければ何回でもやり直し可。
ヒビ割れしてたりで、一回だけやりなおして完成!
信楽
焼きあがるまでは1ヶ月〜1ヶ月半かかるとのこと。焼きあがると一回り小さくなる。

ちなみに、町中にたくさんのたぬきがあるけど、
2メートルを超えるものはコンクリート製だそうだ。

大きなたぬきはびっくりするぐらい高かったけど、信楽以外で買うともっと値上がりするとおっちゃんが言っていた。そんなに売れるんだろうか・・・

次の日には甲賀や伊賀の忍者屋敷伊賀上野城へ。
信楽

信楽

帰りには奈良の明日香村に寄り道。
前から行ってみたかった石舞台古墳・飛鳥寺へ。

石舞台古墳
修学旅行の学生たちが居たので、一緒に説明を聞けた。ラッキー♪

2013.05.19-05.20
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 22:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

仙台へ

ゴールデンウィークに安い航空券が取れたので東北に行ってきました。
初めての東北。地震が起こる前に行っておけばよかったと思いながらも、
復興支援の気持ちもこめて、仙台周辺を旅行してきたその記録。

仙台

一日目は市内の名所旧跡めぐり。
まず最初は、伊達政宗の霊屋、瑞鳳殿
仙台

雰囲気ある参道を登った先にある、とても美しい社殿。
仙台

仙台

大震災で灯篭や石垣もだいぶ崩れたとガイドのおじさんが言っていた。
一見何事も無かったように見えるが、よく見れば震災の傷跡はたくさんあった。
仙台

その後向かったのは青葉城
仙台
数多くの城に行ったけど、こんなに美しい石垣は見たことが無い。
お城からの景色もよく、のんびりすごしたくなる雰囲気の場所だった。
仙台

そして、仙台の街を見守るように立つ伊達政宗の像。かっこい〜!!
仙台

お昼ごはんを食べに市街へ。
仙台
葉ずれさやけき杜の都と言われるのも納得の、緑の美しい街。

その後はバスで郊外へと足を運んだ。目的は仙台大観音
仙台
何かの写真で見てから見てみたくなったこの謎の大観音。
なんと高さ100m。なんでこんな巨大な仏像をこんなところに作ったんだろう。。

上からの景色は結構いい。住宅街しか見えないけど・・・
仙台
大観音の中には数え切れないぐらいの仏像が並んでいた。
ひとつひとつ拝んでる人も居た。何時間あっても足りないぞ・・・

見終わった後は一度仙台駅へ。
仙台

駅の前にはSuicaペンギンが武将の格好で立ち慣れんで居た。めっちゃ可愛い黒ハート
仙台

仙台

駅の東側にあるアンパンマンミュージアムへと最後に足を運んだ。
なんとそこに売っていたのは、仙台限定ずんだアンパンマンのパン!
仙台
めっちゃかわいい!!

次の日は朝から電車に乗って松島へ。
塩竈から船に乗り、松島の島々を横目に松島海岸へとクルーズ。
仙台

みんな、かっぱえびえんを買ってカモメにあげまくっていた。
仙台
うまいこと取るもんやなぁ・・・。曇っていたのが少し残念。。

松島では、ここまで津波が来たという印が立てられていたり。
仙台
島々が防波堤になってくれたおかげでまだマシだったのかな。

瑞巌寺の隣にある円通院の三慧殿がすごく綺麗で印象的だった。
仙台
支倉常長率いる慶長遣欧使節団が持ち帰ったといわれるバラが描かれている。
支倉常長といえば、キューバのハバナで銅像を見た。
江戸時代にあんなところまで旅をするのは大変だっただろうな・・・。

その後は五大堂や福浦島などを歩き回った。
仙台

仙台

日本三景の一つ、松島。
時間が無かったので行けなかったけど四大観からの景色もまた見てみたいな♪


というわけで、ゴールデンウィークの仙台旅行はお終い。
初めての東北でしたが、とても楽しく大好きな街のひとつになりました。

2013.05.03-05.06
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする