2009年08月03日

川を渡って国境越え!フローレスへ

朝、目覚めると朝ご飯だと呼ばれた。

ラカンドン人のご飯ってどんなもんが出てくるんやろう…!

そんな気持ちでワクワクしていたのは、一瞬で打ち壊された。

ただのパンとスクランブルエッグ。

なんでやねんおい…!!


なんていうか、ここでしか食べれないようなモノを食べてみたかった。
(かといって虫系とかはちょっと嫌やけど・・・)
ホッとする反面、ガッカリな気持ちは抑えることはできなかった。

果たしてこの村、泊まる必要あったんかな。。

そんな思いもありつつ、迎えの車が村にやってきたので、いざ国境の町へ出発。

フランス人・スペイン人・アメリカ人・イタリア人・メキシコ人・ギリシャ人など、色んな国の人たちが車に乗っていた。みんな同じ白人でも雰囲気でどこの国の人なのかわかるのがおもしろい。

しばらくするとイミグレーションに到着。いよいよ出国だ。

陸路での国境越えは初なのでドキドキ。

しかし、よく周りを見ると、ここは昨日ヤシチュランに行く時に来た船着き場のすぐ側だ。
こんな側にあったのか。。

とりあえずここで通過税を100ペソ支払ってメキシコを出国。

昨日と同じ船着き場から船に乗り、ヤシチュランとは逆方向へと船は進んでいった。
グアテマラのイミグラシオン
左側がグアテマラ・右側がメキシコ。

この時出会ったアメリカ人・ギリシャ人の2人と意気投合し、一緒に.宿探しをすることになった。

しかも、アメリカ人のハドソンは日本語ペラペラ。
メキシコとグアテマラの国境で日本語話せる人に出会うなんて。。めっちゃびっくりした。
日本で英語の講師をしていたそうだ。なるほど納得。

しばらくすると対岸へと着いた。

メキシコシティーから散々旅人にグアテマラは治安がヤバイから気をつけろと言われ続けてきたのでちょっとビビっている。

坂道をあがった所にある謎の建物でツーリストカードを受け取った。
ちなみに、ここで両替商が大量に発生している。レートは1ケツァル=2ペソだ。

ケツァルとかいう通貨単位。言うだけで舌噛むわ。

グアテマラのイミグラシオン
周りは普通にグアテマラ人の生活圏。

そこからバスに乗せられて移動すると言われたのだが、
心配になるほどガラスにヒビが入っている。
グアテマラのイミグラシオン
フロントガラスだけじゃなくて、他の所もほとんど。。
石でも投げられないとこんな風に割れんくない…?

しばらく走るとグアテマラのイミグレーションに到着。
グアテマラ イミグレーション

辺りにははっきり言って何もない。

他の人の入国審査の間、その辺をぶらぶらしていたら、

前の道路を牛の大群が通り過ぎた。

それを見て、あぁ、国境超えたんやと初めて実感した。

人々は馬に乗って移動している。
心なしか吹く風にも家畜のフンのにおいが混ざっているようだ。
イミグレの前に立っている看板。
グアテマラ イミグレーション

ちなみに、この道は普通に道路です。

お気づきの通り、舗装されていません。
こんな道を2時間ほど走ると、やっとこさ舗装した道になります。

はっきり言って地獄。超しんどいですたらーっ(汗)
めっちゃ揺れるし寝れないし。
車のエンジン音がうるさすぎて会話も聞こえないし。


舗装された道になったとき、バスの乗客全員が歓声をあげた。
みんなしんどかったんやなぁ笑

イミグレから走ること3時間程で、
フローレス島に到着。
フローレス島

到着すると、3人でLos Amigosという宿へ向かった。

色々な国からの旅行者が泊まっていたけど、東洋人は全く居なかった。
値段は2泊で60ケツァル。イミグレでドリンクを買ったとき、メキシコの2倍の値段したのでびっくりしたんやけど、宿代はすごい安くてびっくりした。

とりあえず荷物を置いて島内を散策。
フローレス島

島の端っこの方は、道が全部掘り返されて、えらい道路工事をしていた。
そのすさまじい道を歩いている途中にSuicaという日本食レストランを見つけた。
こんな所にこんな店があるなんて!

ちょっとテンションあがって冷麺を食べた。
テラスから見える景色は結構イイ。
フローレス島

歩きまわってみるとわかるけど、結構小さな島だ。

旅人はみんなティカル遺跡が目的でやってきている。

自分の目的地もそこ。明日は朝一でティカルへ向かいま〜すバス
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グアテマラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

ジャングルツアーは罠がいっぱい

ティカル遺跡へ向かうバスが朝5時に島の入り口だというので4時起き。

ドミトリーなのであまりに早く起きて物音たてるとちょっと気まずいかなと思ったけど、
なんのことはない、他の同部屋の人たちも全員同じ時間にティカルに行く人たちだった。
ティカルへ
集合時間はまだ真っ暗
出発の時間が時間なので、てっきり日の出もティカルで見るモノだと思っていたのだが、日の出の時間が近づいてもトロトロして全然バスも来ないし、遺跡まで1時間程度かかるということなので、どういうことやろうと疑問に思っていた。
ティカルへ
結局バスに乗ってる途中に日の出の時間は過ぎて、着いた頃(6時半)にはもうだいぶ太陽も昇っていた。

なんであんな集合時間早くする必要があんの!?

というのもこれ、国境からフローレスの間のバスでみんな申し込んでる現地ツアー

出発時間で日の出を見れると勘違いさせるのが狙いだったんだろうと思う。

実際の所、グアテマラは標準時の関係で日の出はとても早いのだが、ティカル遺跡のゲートは開くのは6時。

もし、日の出が6時以降の日が年間どれぐらいあるのかは知らないがそうであっても、当日6時にゲートに行ったところで、4号神殿まで日の出の時間内に行ける確率は結構低いと思う。

4時頃に車が迎えに来るように手配して、遺跡まで行くこともできるようだが、それでも見れるかどうかはわからない。

確実に日の出が見たければ、割高な料金払ってティカル遺跡に泊まらなければならない(しかもハンモック)ということらしい。

そんなこと知るかー!!!

なんか、陰謀のにおいがプンプンするわ。。


ちなみにこの旅行社、サンファン社です。
どうしても日の出が見たい!っていう人はお気をつけて★

まぁでも着いたらもうどうでもよくなった。
またいつかここに来ることがあれば、ティカルに泊まろうと思う。

というわけで、前置きが長くなったけど、今日の目的地はそう、

世界遺産 ティカル国立公園

グアテマラが誇る巨大マヤ遺跡。ジャングルにそびえ立つピラミッドはまさに絶景!そういう噂をかねがね聞いていたのでとても楽しみにしていた。
ティカル遺跡
ゲートに着くと入場料を払わされる。なんと、

150ケツァル(2000円弱)!! 高すぎじゃぁあ!!

昨日書いたけど、泊まってる宿が2泊で60ケツァル。

入場料だけで5泊できるやんけ!!

ちなみに、グアテマラ人は25ケツァルで入れるらしい。

もういいよ、どうでも・・・。

ゲートを通過して歩いてる途中、こんな大きな木が立っていたりする。
ティカル遺跡
さすがジャングル。

しばらく歩くとやっとこさ看板が出てくる。
ティカル遺跡
かなり広そうだ。

英語のガイドがついていたが、ハドソンが丁寧に日本語で説明してくれたのでとてもよかった手(チョキ)

最初に向かったのはW号神殿

歩いてる途中にも、なにやら色んな建造物の横を通り過ぎる。
ティカル遺跡

飛んでる蝶もすごいカラフルだ。
ティカル遺跡

やっとのことでW号神殿に到着。
このW号神殿の横には階段がついていて、登ることができる。
ティカルW号神殿より

地平まで果てしなく続くジャングルに浮かぶピラミッド!

まさに絶景ぴかぴか(新しい)


次に向かったのはY号神殿。

ガイドが居なかったら確実に迷っていたやろうな・・・

そう思わせられる程のジャングルの道を進む。
ティカル遺跡
ぶらぶらと色んな所に立ち寄りながら、X号神殿へと向かう。

ジャングルを歩いてる途中、様々な神殿がぽこっと上に顔を出す。
ティカル遺跡

この光景がまたいい!見えるとめっちゃテンションあがるぴかぴか(新しい)

ティカル遺跡

途中、7つの寺院とかいう所を通り過ぎる。
ティカル遺跡

そしていよいよ着いたのがX号神殿
ティカル遺跡

正面の階段は登るの禁止と書いてあるのに上に人がいる。。

その謎はすぐに解けた。急すぎて登れんのだわ。横に階段が別に設置されていた。
ティカル遺跡

いやいやいやいや。
手すりついてるだけでこっちの方が急やん!!


傾斜70°ぐらいあるんちゃうか・・・

X号神殿からも見晴らしの良い景色が楽しめる。
ティカル遺跡

ピラミッド上部のスペースはかなり狭くて、すれ違うのも怖い

落ちたら簡単に死ねる仕様だ。
ティカル遺跡

階段を下りるときの写真がこれ。普通に命の危険を感じます。
ティカル遺跡

手や足が滑ったら死ぬし、見た目より長く感じるこの階段、まじで慎重に上り下りをした。

ここに来た頃には手持ちの水も尽きかけていたし、お腹もすごく減っていたので悩んだけど、せっかくここまで来たのに登らないわけにはいかない!

登らない人結構居ましたが、高所恐怖症でない人は絶対に登るべきです笑

X号神殿を下りると、次はT号U号神殿へ。

歩いてる途中、タランチュラを見つけた!
タランチュラ
でっけええ!!

蜘蛛に限らず、ジャングルなのでサルとか他にも様々な動物が見れるし鳴き声があちこちから聞こえてきます。
ティカル遺跡

ちなみに、虫にもいっぱい刺されるあせあせ(飛び散る汗)

こっちに来て思ったんやけど、日本の虫除けが全然効かない!

もしかしたら、現地の虫は現地の虫除けでしか退治できないのかも。。

そしてジャングルをまたしばらく歩くと、U号神殿に着いた。
ティカル遺跡

ここは、T号神殿U号神殿とアクロポリスがまとまっていて、一番建造物としては美しいモノが揃っている。

アクロポリスティカル遺跡

アクロポリスから見たT号神殿
ティカル遺跡

ティカル遺跡

こちらはU号神殿から見たT号神殿

大きさ的には他の神殿よりも小さくても、その美しさで見応えは充分!

気がつくともうお昼。
体力も限界が来ていたので12時半のバスでフローレスに帰って休んだ。
ほんまに疲れた。。

この遺跡、全部見たら1日じゃ足りないと思う。。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | グアテマラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。