2009年09月14日

次の計画

11月の連休+有休を使って旅行決めちゃいました。

北京経由ソウル行きのチケットが5万円弱。

というわけで、期間は短いけど北京とソウルをまとめて行ってきます。

よくそんな休めるなという突っ込みは無しで。。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

今年の夏休み

7月16日から、今年は中東へ旅に出かけることにしました。
期間は去年の中米よりも短いけど、まぁ1ヶ月弱。

暑いの苦手なくせに相変わらず暑いところばっかり。

それに伴い、ダイビングアドバンスのライセンスを取っておくことにしました。

てゆうか、ライセンス取得にかかる費用が高すぎ・・・。
もう2度と日本では潜ることはないでしょう☆(沖縄以外)

それにしても、ダイビングも8月以来してないし、もう忘れてるかもな〜笑
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

旧約聖書

出発まで後35日。長いなぁ。。

中東へ出発する前に3つの宗教の聖書である旧約聖書でも一通り読んで行こうと思ってたんやけど、結構意味わからんしだるくなったのであきらめました。
その代わりに、手塚治虫の旧約聖書物語のDVDを見ることにした。
こっちのは気軽に見れて流れがわかるので全然いいです。

むう、、それにしてもユダヤの神さまって結構残酷やな。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

旅とパソコン

出発までいよいよ後5日
そろそろパッキングもちょっとずつしとこかな〜という感じです。

話は変わるけど、おとといの夜、ふと思いついてしまったのです。

アウトレットいけばミニノート安いのあるんじゃね・・・?

というわけで、関西にある家電量販店のアウトレットを検索してみると、
Joshinのアウトレットが大阪に3店あることがわかったので、さっそく足を運んでみることにした。

まず最初に向かったのは池田店
しかしこちらはハズレ。7万〜8万のものしかなかった。。
せっかくちょっと遠出したのに骨折り損のくたびれ儲けでした。

そして次に向かったのは千里中央店。パルの4階にあります。
そろ〜っとパソコンコーナーへ行ってみると、なんと3万5千円という値札が!

型落ちのやつで展示品のやつなのですが、そんなの無問題。
DualCoreでメモリ2G、HDD250Gの分なのでスペックも申し分なし!
阪神が勝った次の日なので、さらに5%割り引いてもらって、
さらに端数を削って3万3千円で購入。粘ったらもうちょっといけたかもしれん。。

実はずっと悩んでたのです。
あったら絶対便利やから、パソコン買って旅行に持って行きたいとは思ってたんやけど、
値段も高いし、荷物も多少重くなるし、
ネットカフェで十分っていう意見もあるとは思うし。。

それに1年2年も旅するわけでもないし・・・。

さらに追い討ちをかけたのが、今回の行き先の国の入国の荷物検査で
アメリカ人女性のパソコンが兵士に銃で撃ち抜かれた
とかいうニュース。

せっかく買ったのにそんなことされたらたまらん!という思いもあって
今回は持っていくのはやめておこうとか思ってたんやけど、
昨日の思いつきにより、それを覆してしまいました。
でもまぁこの値段なんで、何かあっても悔いは残りません爆弾
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 12:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月15日

終戦の日

日本に帰って1週間が経ちました。早いモノです。
日記はまたつらつらと続きを書いていきたいと思います。

今日は終戦の日

ただ単に戦争を反省する日ではなく、戦争で散った多くの人たちの犠牲の上に今の平和があり、そのおかげで平穏な暮らしを享受していることに感謝する日だと自分は思ってます。

他国への配慮だとかわけのわからない理由をつけて、靖国神社に参拝する閣僚が1人も居ないというような、そんな人間達が政権を取るような時代になってしまったことが悲しい限りです。


今回、中東という情勢が不安定な地域を旅して・・・

アカバを去った次の日にシナイ半島からロケット弾が飛んできて着弾し、死者も出たというニュースや、レバノンとイスラエルがその次の日に交戦というニュースを立て続けにエジプトで聞いた。

1日ずれてたらどうなってたかなんてわからない。


中東というと周りの人たちの持つイメージも最悪だった。
なんでそんな地域選ぶの!?
みたいな感じ。

中東の人たちは日本より遙かに戦争というものが身近な中で生活している。

レバノンは長く続いた内戦に続き、最近では2006年にイスラエルから全土への攻撃を受けた。
街中はまさに復興途中。
ベイルート
色んな所に壊れた建物もあるし、建設中の建物がある。
あんなにたくさん工事をしている街を自分は見たことがない。

思いがけずレバノン軍の車に乗り、たくさんの軍人と話をする機会があったのは良い経験になった。イメージしていた軍人とは全然違う、明るく愉快な人たち。
政情が不安定なこの国で軍に所属していて、あんなに明るく優しく振る舞える人たちが居るなんて思いもしなかった。

2週間後、イスラエルとレバノンの交戦のニュースを聞いたとき、あの人たちは大丈夫だろうか・・・と心配になったけど、それを知る術はもはや無い。。


旅をしていて、日本が嫌いだという日本人に会ったことはない。

旅に出て、日本に居るだけでは知ることの出来ない色々な物事や価値観に触れ、そして日本での自分の生活環境を見つめ直すと、どれほど日本が恵まれた環境で暮らしやすい国であるか改めて実感する。

「日本に帰りたくない」だとか「長く旅をしたい」という人もたくさん居るし、自分自身も旅に出ている時はそう思っている。
けど、それは日本が嫌いとかではなく、また社会の歯車の一部になることに対する不安や嫌悪感だったり、もっと色んな世界を見てみたいという願望によるものが多いと思う。
旅に出るような人はみんな基本的に日本が好きだと思う。(全員が全員じゃないと思うけど・・・)


そして、日本に帰ってきて思う。
日本人の「愛国心」や「国というものに対する興味」の無さは異常だ。
色々な原因があるやろうけど・・・こんな状態で日本が良くなっていく気は全くしない。

日本人の中に、今、国のために命を投げ出して戦おうという人がどれぐらいいるだろう。

戦時中なら、自分の歳ならすでに戦場に行き、国のためにと戦って死んでいたかもしれない。
そうやって命を落とした人は星の数ほど居るのが事実。

こうやって自分が旅をして、世界を見ることができるような日本に生まれてきたのは、それまでに犠牲になったたくさんの人たちのおかげ。

そんな人たちへの感謝の気持ちを表せないような国にだけはなって欲しくないと思う。

そして願います。1日も早く中東にも平穏が訪れますように・・・。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

旅と再会

日本に着いたその足で飲み会。結構ハードなスケジュールだった。。

というわけで、中東の旅の総括!
★今回の旅のルート

より大きな地図で 中東旅行 2010.-7.16〜-2010.-8.8 を表示

今回、中東を旅して思うことは、以前の終戦の日の日記にほとんど書いてしまので、ちょっと違う話を1つ。

エルサレムの新市街を歩いていた時、ユダヤ人の女の子に声をかけられた。
日本語を勉強中という彼女が先月の上旬、突然日本に遊びに来たので再会。

京都では、まだ行ったことがないという清水寺やその周辺へ行ったり、大阪では太陽の塔やら梅田スカイビルやら回転寿司やら道頓堀やら、色んな所を周ってきました。

京都みたいにTHE 日本って感じなら外国人に案内もしやすいねんけど、
改めて大阪を案内するとなると意外と難しいことに気づかされた日でした。


しかし、何より個人的におもしろかったのは、イスラエル社会の話だ。
以下にいくつか挙げてみる。

@イスラエル人は全員ユダヤ教徒なのか?

◆違う。正統派の人たちは私から見ても変。

Aメーテルたちは夏にあんな格好で暑くないのか?
エルサレム旧市街
◆暑い。しかしあの人たちは現世はどうでもいい。
  暑くても、汗びっしょりでベトベトでも、汗が臭っても関係ない。
  来世で永遠の魂を得ることが一番重要なことだから。

B嘆きの壁のメーテルたちは仕事はしてないのか?
嘆きの壁
◆してない。聖書の研究をしている人たちには政府からお金が支給される。

Cイスラエルの兵役は何年?その間戦闘した?

◆男3年、女2年。私は戦闘はしていない。救急車に乗ってた。
  期間延長もできるけど、それを希望する人はほとんど居ない。
  弟はガザ地区に行っていたので心配で生きた心地がしなかった。
  ガザへの攻撃はイスラエル人はほとんど賛成。ハマスは危険。

Dなぜパレスチナとの間に分離壁を作るのか?
ベツレヘム
◆今は落ち着いてるけど、一昔前はヨルダン川西岸地区からテロリストが来て、エルサレムでもテロがたくさんあった。

E去年メキシコでたくさんのイスラエル人に会った。
  兵役が終わるとみんな旅行に行くのか?


◆多くの人が行く。イスラム圏は行けないから南米・アジア等物価が安い所が好き。
  日本に行く人はかなり珍しい。(アニメ好きな人は行くけど。)

F旅行先でイスラエル人ってよく固まってるよね?

◆だいたいみんな同じような宿に泊まる。
  ユダヤ教の施設とかだと宿泊費とかかからずに泊まれたりするから。

などなど、他にも色々興味深い話はたくさん聞けた。
どちらかというと自分自身はFREE PALESTINAな立場なので、
やはりイスラエル人の意見には賛同しがたいところはあるけど・・・。

日本ではほとんど触れることの無いパレスチナ問題
自分の中で深く考えさせられるきっかけになったのは間違いない。


機会があれば是非行ってみてください。きっと日本で聞くだけの情報で行くと、パレスチナに行った時、そこに住む人達の親切さ、そしてイスラエルの非道さに驚くことでしょう。

自分は元からテレビも新聞も信用していない(ニュースは全てネットで見る)のだけど、如何に日本での報道というものがねじ曲げられているかという事が今回の旅で改めて理解できた。

日本にジャーナリズムは無い。
特にこの間の渋谷尖閣2600人デモの報道規制にも顕著に現われてる。

自分の目で見ないと世の中の真実は見えない。これが真実。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月15日

中東のおもしろきもの

中東を旅行中、キャラ好きやら、物好きやらなんやらと色んなレッテルをつけられたので、せっかくなので中東で撮ってきた変な写真たちを公開したいと思います。

@ゴムバネくん。
ドバイ空港にいたゴムバネくん
生息地:ドバイ国際空港
横に車が展示してあったんで、おそらくそのキャラ。完全に浮いていた。

A私と一緒にファックしないで。(???)
ホムズで見つけたWi-Fi
生息地:ホムズ@シリア
調べてみたら「馬鹿にするな。」「ナメんなよ。」の意味らしい。
どう考えてもWi-Fiに付ける名前じゃねぇだろ。

Bアラジンと黄色い仲間たち
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス@シリア
まぁまぁまだ普通のぬいぐるみ。中東でも人気はあるんやね。

Cひまわりちゃん
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
至る所で見かけた。とてもかわいく、ベビーカー等によくつけられていた。

D時計くん
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
何が目的なのか意味がわからない。右下にいる切ない顔をした赤いトラも気になるところ。

Eチョコレートパンマン
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
俺の天敵。

Fふしあなちゃん
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
珍しいキュートなキャラ。どことなく赤ずきんちゃんを彷彿とさせる。

G段ボール小僧
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
何を撮っているのかと聞かれたが、これは完全に顔だ。

Hマネキン娘
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
衣装一式じつはちょっと欲しかった。(仮装用に)

Iベジタブルフラワー
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
以前紹介したやつのドアップ。ここまでくると芸術やね・・・!

J心臓くん
ダマスカスのスークでみつけたおかしなもの
生息地:ダマスカス
タクシーの中でぶらさがっていた。全然かわいくねぇ・・・

Kドラちゃん
ダマスカスのスーク ダマスカスのスーク
生息地:ダマスカス
これも以前の記事で紹介したヤツ。これはだいぶ気に入った。

L罰ゲームおじさん
ダマスカスの風船おじさん
生息地:ダマスカス
いつもスークで頭上にバカでかい風船をくっつけてウロチョロしていた。割ってあげたかった。

M一つ目小僧
エルサレムでみつけたおかしなもの
生息地:エルサレム@イスラエル
ハムサと呼ばれるお守りだそうだ。目がデザインされてるなんて中々イカス。

Nニコちゃんボトル
エルサレムでみつけたおかしなもの
生息地:エルサレム
かわいかったから撮ってみただけ。

Oイスラエルはうんこ
エルサレムでみつけたおかしなもの
とりあえず全部うんこらしい。

P三菱の目
アカバのミツビシ
生息地:アカバ@ヨルダン
凛々しい。宝塚歌劇にでも出てきそうな目をしていた。

こうやって見るとダマスカスのレベルが高すぎるな。。
さすが、シリアで揃わないモノは無いというだけあった。
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする