2011年11月27日

千と千尋の世界へ

しばらく更新サボってました。。

話は9月に遡ります・・・
2つの三連休と、間の3日間も有休取っていざ旅行へ!
というわけで、今回の行き先はお隣の国台湾飛行機


ジェットスターアジア航空で往復4万2千円。まぁ許容範囲。
とは言っても正直、沖縄とかに行くより安い。。

関空へ行く前に梅田のスカイビルでやっていたフィエスタ・メヒカーナへ。
そしたら、メキシコシティーの宿で会ったKさんに遭遇。いやーびっくりした!
とりあえずケサディージャだけ食べて、コロナビールちょっとだけ飲んで、
3時頃に関空へ!バックパックなんて背負ってんの自分だけとかちょっと寂しい。

台北近郊の桃園国際空港へは2時間弱のフライト。
到着したときにはもう夜になっていた。適当な宿に泊まって、
次の日の朝、地下鉄に乗ってとあるバス乗り場へ。

初めて乗った台湾の地下鉄。結構これがスゴイ。
ICチップが内蔵されたコイン型の切符。
台湾

なんかメンテナンスしてるおっちゃん。
台湾
映画とかでハッキングしてる人みたい。

使用状況のわかるトイレ。
台湾

特にICチップ式の切符は日本では見たことが無いので斬新だった。

バスに乗って最初に向かうのは九份という街。
ここは映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった街
バスを降りてすぐに路地へと入って行く。
台湾
すさまじい人をかきわけて、進む進む進む。

道ばたには様々な食べ物が売られている。
興味はあるが、すさまじいニオイを放っているものも・・・


そしてとりあえず、かき氷的なモノを食べる。
台湾
豆ミックスな氷って感じ。不思議な味だけど美味しかった。
このお店から見えた景色も結構よかった。また食べたい。

台湾
適当に歩いていると女子大生に話しかけられた。
ちょっと日本語を勉強しているとかで片言の日本語で話してくれた。
日本を好きな人がこうやって話しかけてくれるのは嬉しい。

やけにたくさんの人が買ってたジュース。
台湾
その容器がドラえもんだった。かわいい。。

ここらへんが一番雰囲気あるかな?
台湾

台湾
夕方ちょっと暗くなって提灯がつくまで居ようかと思ったけど、思ったより小さい街で時間を持てあますので台北まで帰ってきてしまいました。

戻って立ち寄ったのが中正記念堂。蒋介石が祀られてるらしい。
台湾
衛兵がパフォーマンスしていてすごい人だかりできてました。
台湾

こちらは國父記念館の前にある健康歩道
台湾
どんだけ長いねん!!っていうぐらい長い。
健康歩道初挑戦にしてはちょっと長すぎた。かなり足痛かった。。


晩ご飯には地球の歩き方に乗っていた四川料理屋で麻婆豆腐を・・・。
台湾
ちょっと値段お高めで、味も辛め。個人的には65点。。

夜には士林の夜市へ。
台湾
ものすっごい人やった。歩くのが苦痛なぐらい。
てか、夜市って1人で行っても寂しいだけやった・・・。

2011.09.17-09.18
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

花蓮(太魯閣渓谷)

自強号とかいう特急列車に乗り、東回りで南へと向かう。
太魯閣

向かったのは花蓮という街。太魯閣渓谷観光の玄関口だ。
太魯閣
昼頃に到着した花蓮から太魯閣までバスで行こうと思ったのだけど、
もうすでにバスはなくなっていたので仕方なくタクシーで行く羽目に・・・。


しばらく走っていくと、渓谷沿いの道へと入っていった。
結構すごい岩がいっぱいあるexclamation×2というか、道路の上も岩やったり。
太魯閣

渓谷の一番奥の天祥まで行って、とりあえず山の上に見えるお寺へ。
太魯閣

国立公園にまでなってて結構有名なんやと思うねんけど観光客はほとんど居ない。
塔の上からの景色はがんばって登った分、やっぱりイイ景色★

太魯閣

太魯閣

塔の上から内部を撮った写真もアートに見える・・・笑
太魯閣

その後は近くにある食堂で竹筒ご飯を食べ、川に沿って歩いてみる。
太魯閣

渓谷の景色はすごい。岩を見てるとつい写真撮りたくなる。
しかし、上に岩がある所ではヘルメットが無いとちょっと怖い。

太魯閣
常に上を注意しながら歩いた。そして適当なバス停でバスに乗り花蓮へ。

しかし、花蓮にもそんなに言うほど見所もないし、その先にある台東でも言うほど行きたい所もなかったので一気に高雄まで行ってしまうことにした。
時刻表を見るとどうやら23時頃には到着できそうな雰囲気だ。

5時間ほど乗っただろうか、ようやく高雄に着いたら宿へ。
乗り物の乗りすぎでちょっと疲れたけど、宿に居た人たちと話が盛り上がり、結局寝たのは3時頃であった。

2011.09.19
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

小琉球

同じ宿に居たYくんと小琉球という島へ遊びに行くことにした。
高雄からバスで30分程度の所にある東港から船で40分。

船着き場でレンタバイクを借りて2人乗りでいざ出発。
免許証も何も見せずにバイク借りれたけどいいんすかね・・・
何気にバイクの2人乗りすんの初めてなうえにノーヘルやし。

港から反時計回りに島の外周を走り始めると、最初にあるのが花瓶岩
小琉球
なるほど、変わった形だ。。この周辺は海がキレイと評判だそう!
とはいえ、せっかく水泳セット持って行ったけど泳がず仕舞い・・・笑

お次は美人洞とかいう所。洞窟っぽくなってる所がたくさんある。
小琉球
こんな感じで、岩がたくさん。なんか、よくわからん。。

しかしここに居たネーチャンのシャツが意味不明でおもしろかった。
小琉球

バイクで走るととても気持ちが良い。
小琉球
沖縄に行ったことは無いけど、なんとなく沖縄っぽいと思った。

標識もなかなかセンスがあって良い。
小琉球

お墓は子宮みたいな形してた。(写真ではわかりにくいけど・・・)
小琉球
沖縄のもそうなんですよね?行ったこと無いからわかんないけど・・・

ぐるっと廻って、島の中心へ。そこにある碧雲寺
小琉球
こっちのお寺はえらい派手な印象。

そこからしばらく港の方へ行った所にある三隆宮にも寄った。
こちらは圧倒的にでかい。それに、もれなく派手だ。

小さな島なので、これ!!といったものは無いけど、楽しかった。
しかし、最後にやらかす。レンタバイクのトランクに水着一式を忘れる。
あ〜ぁ。。なんかやっぱ各国で何かしら忘れ物してるような気がする・・・。
そして宿の鍵もどこかでなくすという失態までやらかしてしまったのでした。

帰りのフェリーはなぜか20分ぐらいで到着。海流のおかげかな!?
バスに乗る前にコンビニでカルピスを購入。

小琉球
漢字ではこんな書き方すんのか!!

2011.09.20
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

高雄&台南

小琉球から戻って、向かったのは芸術特区
おもろいアートがいっぱいあるドコモ提供

壁に描かれた絵。
高雄&台南

「門」
高雄&台南

地面に描かれた絵。などなど・・・。
高雄&台南
普通に結構おもしろかった。

夜には宿に居た人と一緒に瑞豊夜市へ。
高雄&台南

たーーっくさんの食べ物屋さんやお店があって、楽しそう!
高雄&台南

とりあえずタピオカジュースを飲みーの小籠包を食べーの・・・
高雄&台南

これはめっちゃめちゃ美味しかった!!
そして隣に座ってた女の子がめっちゃ可愛かった。
そのうえ片言の日本語で親切に美味しいモノとか色々教えてくれた。惚れるやろ!!

帰りにはマッサージ屋に寄って、全身マッサージ。
残念ながらやってくれたのは女の子じゃなくてオッサンでした。


次の日にはでかい寺院へ。塔が2つある。龍と虎のお寺。名前忘れた。。
高雄&台南
装飾がとりあえず派手。すごく派手。
日本のお寺のような落ち着き感は皆無。

ヒマなので台南にも来てみた。
定番?の赤崁楼とか孔子廟にも立ち寄って、日本の軍人が祀られた神社があると聞いてそちらにも足を運んでみた。行くとびっくりするぐらいすごく熱く語られた。
高雄&台南
この地区はその軍人さんのおかげで焼けなかったとか。今でも道徳の授業で劇をするそうです。零戦とか作って。日本の反日思想に染まった教師なら発狂してそうなネタ。

帰りに見つけた散髪屋さん。
高雄&台南

山本頭ってなんだ!?

高雄に戻った後は、高雄で一番大きなビルへ夜景を見に行った。
高雄
真ん中が空洞の変なビル。展望フロアでは怪しい写真展も開催されてた。
なんか日本の文化が間違って伝わってるような気がしてならなかったケド・・・。

思ったより居心地の良かった高雄。また来たいと思える街でした。

2011.09.20-09.21
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 19:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

台北〜烏来

高雄を出発し、台北に戻る日がやってきた。
台湾の西岸部には日本と同じ新幹線が走っている。
せっかくなので、新幹線に乗って帰ることにした。

台湾
配色が違うだけで、本当に日本と同じ新幹線。
台湾
最高時速300km。1時間半程度で台北へ到着。超快適★

宿に荷物を置いて、そのまま故宮博物院へと向かった。
台湾
歴代中国王朝の宝物は大概この博物院に収蔵されている。
せっかくなのでオーディオガイドを借りて館内を歩きまわるのだが
正直言って、壺とか茶碗ばっかりであんまりおもしろくない

そしてめっちゃくちゃ広いのでキリが無い。というわけで・・・
見たいモノだけ見てササっと回るのがいいかもしれない。

3時間ほど博物館で色々と見てから、市街へと戻った。1年ちょっと前に中東へ旅行した時に、カイロで一緒だった台湾人のKくんと遊ぶ約束をしていたので、一緒に夜市へ。
やっぱり現地人オススメの料理なんてものを食べてみると美味しい!
台湾
なんてメニューかは覚えてないけど・・・笑

マンゴーかき氷もとりあえず食べておきました。すさまじい量!!
台湾

次の日は台北から1時間半程度の所にある烏来という村へ。
台湾

ここは台湾原住民族の村で、温泉街。トロッコなどもありなんか楽しそう。
台湾

しばらく歩いて行くと、首長文化村とかいう建物があった。
台湾

そこには民族衣装を着たやけにカワイイ女の子がたくさん!!
台湾
日本語も結構流ちょうに話す彼女達。台湾の山奥でこんなカワイイ娘たちと会えるとは思わなんだ。。
ちょうどお腹も減ってたので、ここでお昼ご飯を食べて行くことに。
麻婆豆腐もあったのでもちろん食べた。
台湾
ここの村は日本とすごく交流があるそうだ。
お土産物もすごくカワイイものがいっぱいあるので、そんなに安くもないけど結構買ってしまった。今回の旅は、震災の時に台湾の人たちがたくさん日本に寄付をしてくれたお礼の気持ちも込めて、遠慮無くいっぱい買い物をして行くことにしてた。

ロープウェイに乗って、山上を散歩した後、帰りの途につく。
帰り際に首長村で作って売っていたパイナップルケーキを買って帰った。
台湾
試食をしたみたのだけど、これまで食べた中でダントツで美味しいexclamation×2

帰り道にあった温泉施設でドクターフィッシュがあったので30分ぐらいやって、そこからバスで台北へと帰っていった。もうめちゃくちゃ満足!!

台北に戻ってから今日もまたKくんと合流して、Kくんの友だちも含めた4人で晩ご飯を食べに行くことになった。そこでもまた麻婆豆腐を食べてしまった。
台湾
麻婆豆腐ももちろん美味しかったけど、もう一つ気になったのがコレ。
しゃぶしゃぶ肉にニンニク醤油のタレがかかった料理。
台湾
『蒜泥白肉』というらしい。(読み方はワカラン)
これがめちゃくちゃウマかった!!もう一回食べたい。。
日本の中華料理屋でもどっかに無いかなぁ・・・。

2011.09.22-09.23
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

野柳〜台北

友人にオススメを聞いたら、野柳と言っていたので行ってみることにした。
というわけで台北のバスターミナルへ。でかい小便小僧が立ってた。
台湾

そしてバスに乗ること1時間半程度で野柳国立公園近くのバス停に到着。
公園の入り口まで行ってみるとかなりたくさんの観光客が来ている。
台湾
とは言ってもほとんど台湾人のようだ。日本人は全然見かけない。

ここは奇岩がたくさんあるので有名だそうだ。
入り口から海岸へ歩くまでの間には、いくつか萌えキャラが。

台湾
おいおい、岩まで萌えキャラになるなんて台湾やるなぁ・・・笑

こんな変な岩もある。どうやってできたんだろう。
台湾

中でも女王のような風貌をしたこの岩は一番人気。
台湾
写真を撮るためにすさまじい行列ができていた。

しばらく楽しんだ後は台北へと戻った。
宿に帰ってみると、高雄で一緒の宿に居たTくんが居た。
そして半ば無理矢理やけど一緒に台北101に行くことにした。

数年前までは世界一高かったビル。
台湾

台北101からはとてもキレイな台北の夜景が見渡せる。
台湾

台湾
ここにはたくさんの日本人観光客も来ていた。
っていうか、台北はほんま街中に日本人が居る。

そうやって過ぎていった台湾最後の夜。
台湾

人も優しくて料理も美味しい台湾。また是非来たいです。

2011.09.24
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

中国出国、金門島へ

中国・チベットを1ヶ月近くまわってきたが、これで中国ともお別れ。
イメージの限りでは、反日国家やし、空気も汚いし、食衛生環境も悪そうやし・・・
最初はどうなることかと思っていたのだけど・・・
予想に反しめちゃくちゃ楽しかった。


この1ヶ月で出会った中国の若者は、本当に活発で親切で人懐っこくて、
反日感情を恐れて及び腰になっていた自分が恥ずかしくなるぐらいだった。
良くも悪くも選挙権を持たない中国の一般市民は政治的関心があまり無いから、
そういう事は関係無く接してくるのかな・・・というのがなんとなく思ったこと。


しかし、厦門のホステルでは同じ部屋に居た中国人の若者にこんな質問をされた。
「中国についてどう思う?」
反日デモが全土で活発になり始めた頃だったので、彼も聞いてみたかったのだろう。
ちょうど成都を離れた次の日に、成都では大規模な反日デモがあったそうだが、
中国人全てが反日感情を持っているわけじゃないことはこの一ヶ月でよくわかった。


彼の質問には、嘘偽りない気持ちで答えることができた。
「中国政府・共産党は大嫌いだけど、
   中国の一般の人たちのことはとても好きだ。」と。

自分が出会ったバイタリティあふれる中国の若者たちも大体みんな同じように答えた。
彼らが中国の未来を担う頃には、中国も変わるだろう。
純粋にそう思った。日本人もウカウカしてる場合じゃない。



というわけで、朝、廈門のホステルを出てフェリーターミナルへ。
パスポートコントロールを抜けて、フェリーに乗り込む。
台湾入国!金門島へ。とはいえ、廈門からはわずか数kmほどの距離。
こんな中国本土のすぐそばに台湾の領土があるとは全く知らなかった。
フェリーは1時間程度で金門島へと着く。

金門島
どうやら観光案内所に聞いても安いホステルはなさそうなので、仕方なく島で一番安いホテルに泊まることにした。タクシーで言ったのだけどこれまた値段がえらく高い。
どうもこの島の物資は空輸が基本なので物価が高いみたいだ。
着いた後は早速ホテルでバイクをレンタルして島巡り。


街のちょっとはずれに日本食料理屋さんがあったので昼食。
普通に美味しかった。中華料理に飽きてきてたのでよかった。
その後は島をぐるっとまわる。この金門島はサイクリングロードがある。
地面にはこうやって、こっち!みたいな矢印が頻繁に書いてあってわかりやすい。

金門島

そしてこの島に何より多いのが、軍事施設
金門島
そりゃそうだ。中国本土の目と鼻の先に台湾の領土があるのだから。
かつては人民解放軍と国民党軍が熾烈な戦いを繰り広げたのだそうだが、
今の島の雰囲気は全くそんなことを感じさせない、のんびりとした島。


ここは観光スポットとしても有名な地下水路
金門島

島にはいくつか古民家集落がある。
金門島
建築様式も台湾本土では見たことのない感じがして特徴的。

島の真ん中の公園には戦闘機とかも置いてある。
金門島

そして、島の北部の沿岸には、中国軍の上陸を防ぐための装備が残されていた。
金門島

台湾本土みたいに日本語は全然通じるということは無い。
けど、台湾の違った一面の見れる面白い島でした。



より大きな地図で 厦門〜金門島 を表示

2012.08.21
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする