2011年04月21日

サルタ

夜の9時にバスターミナル前でアレックス夫妻と別れた。

とりあえずバスのオフィスで次の目的地イグアスへのチケットを買いに行く。
残念ながらさすがに今日はもうバスは無いみたいで、1泊することが決定。

宿をどこにしようか悩みながらインフォメーションに行ってみると、
地球の迷い方に書いてある宿の値段は3倍に跳ね上がっていた。
ボリビアで、アルゼンチンのインフレが半端じゃないというウワサは聞いていたのでそれほど驚きではなかったが、物価が高いのは結構痛い。


探せば安い宿はあるのだろうけど、もう長時間の移動で疲れたし面倒くさい。
たまたまそこで声をかけてきた客引きの宿が歩き方の宿よりも安い上に設備もよかったのでプラザホテルというホテルに泊まることにした。
ちなみに、その客引きのニィチャンは松潤ソックリ。テンパやけど。
なんていうかホンマ、、産まれる国間違えたな。。
それにしてもアルゼンチンは美男美女レベルが高い・・・。


ホテルは7月9日広場のすぐ近くだったので、フロントでとりあえず両替をしてもらって(なんとここまで5ペソしか持ってなかった)、晩ご飯を食べに出かけた。

もう夜22時にもなるというのに広場周辺には人があふれ・・・
カテドラルでは結婚式が3組も行われていた。

サルタ

通りには露店がまだたくさん並び、これもまた楽しいぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
サルタ

こういうお絵かき屋さんって国ごとに特徴があっておもしろい。
サルタ

広場前のカフェは満席になるほど人があふれ、酒を飲んでいた。
サルタ

なんだこの楽しそうな街は!!
ちょっとゆっくり滞在したいぞ!!


ガイドブックによるとこの街の周辺にも見どころはたくさんあるみたい。
今度アルゼンチン来るときにはまたゆっくり訪れよう。

翌日。
あらためて見てみるとカテドラルはピンク色でめちゃかわいい。
サルタ
こんな色のカテドラル初めて見た。

7月29日広場も緑がとても多くてすごい憩いの場。
サルタ

サルタ

しかし、残念なことに日曜日なので店はほとんど閉まっていた。
サルタ

サルタ

そして銀行も閉まっているのでまたお金が出せない・・・。
結局イグアスに行くまで、宿のフロントで換えた100ペソ程度で乗り切った。
最後は数ペソしか残ってなかった。クレジットカードばんざい!

バスは15時15分に出発。
サルタからイグアスまでの直行バスは無い。途中のコリエンテスで乗り換えがある。

flecha BUSで459ペソ(約9000円)だ。チリに続いて物価が高い。。
そして荷物をバスのトランクに入れるだけでチップを請求される。
ただでさえお金持ってないのに。。めんどくせぇ国だな・・・。


2011.01.15-01.16
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 23:11 | Comment(1) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

イグアスの滝(アルゼンチン側)

ブラジルのお次は・・・アルゼンチン側のイグアスの滝!
宿を朝にチェックアウトして荷物をまとめて受付で預かってもらい、昨日の夜にプエルトイグアスにやってきたMさんと一緒にいざ出発!

今日は朝からムーチョいい天気晴れ

バスターミナルからバスに乗って20分ぐらいでゲートに到着。
さすがにめーっちゃいっぱい人が並んでいる。

イグアスの滝(アルゼンチン)

こちらはアルゼンチン側イグアスの滝公園の地図
イグアスの滝(アルゼンチン)
とっても広そうです。

やっとこさ入ったところでLumixのコンデジが壊れた。アーメン†
散々今までこき使って参りましたので。。ありがとうございました。

トロッコにはいきなりは乗らず、歩いて次の駅まで行くことに。
緑の歩道には、たくさんの動物がいるらしい!ってことで、
実際歩いているとこんなのもたーっくさん居ました!
イグアスの滝(アルゼンチン)
しかし残念ながら昨日と今日通じて、ここらへん名物の鳥には出会えなかった。

とりあえず最初は上部歩道から。
こっちの通路は滝の上から下を眺めることができる絶景コース!
イグアスの滝(アルゼンチン)

こんなに滝の際まで行くことができます!
イグアスの滝(アルゼンチン)

やっぱスケールが違う!スケールが・・・!!
イグアスの滝(アルゼンチン)

ちなみにここ、めっちゃ色んな種類の蝶がいるらしく・・・
気がつくとMさんのカバンにこんなチョウチョがとまっていました。

イグアスの滝(アルゼンチン)
その名も『Ochenta y Ocho(88)』

お次は下部歩道。滝の下側へ行く水浴びコース
イグアスの滝(アルゼンチン)

滝はやはり下から見る方が迫力があります!!
イグアスの滝(アルゼンチン)
なんじゃこりゃーー!!!
イグアスの滝(アルゼンチン)

この辺を見た後に、ボートに乗りに行きます。
なんとなんと!!ボートで滝に突っ込んでいけるんです!!



すぐ下から聞く滝の音のハンパなさ!
そして、滝に突っ込むときの爽快さと言ったら!!


ボートで下から滝に近づくのは、歩道からとは比較にならないぐらい大・迫・力!!
イグアスの滝(アルゼンチン)

ゴーグルと防水カメラを持って行って正解でした!!!
持ってきてるの自分ぐらいやったけど、ゴーグルは必須!!
楽しめる度合いがハンパなくあがります。目開けれるんで。


ボートから戻り、トロッコ列車で更に奥へと進む。
イグアスの滝(アルゼンチン)

行き先は『La Garganta del Diablo(悪魔の喉笛)』

イグアスの滝(アルゼンチン)

こんな感じの歩道を15分程歩いていきます。
イグアスの滝(アルゼンチン)

そしてしばらくすると、先の方で轟音と共にしぶきが・・・
イグアスの滝(アルゼンチン)

滝の一番奥、目の前で大量の水が飲み込まれていく・・・
イグアスの滝(アルゼンチン)

一緒に飲み込まれてしまいそうな感覚にさえなってしまう。


大きな虹もかかっていました!!
イグアスの滝(アルゼンチン)

ここで宿で同じ部屋だったアルゼンチン人の女の子と遭遇。
帰りはトロッコを使わずにおしゃべりしながら歩いて帰ってきました。

イグアスの滝(アルゼンチン)

たった1ヶ月ちょっとやけど、エクアドルに入った時よりだいぶスペイン語が聞き取れるようになった気がする。やさしいスペイン語で話してくれてたのもあるやろうけど、こちらもぎこちなくも言いたいことがちょっとずつ言えるようになった。

あぁ、もっとここに居て、スペイン語の勉強したいなぁ・・・
そんな思いがどんどん強くなっていくのだった。


途中で別れて自分たちはゲートに向かい宿へと戻った。
そして、シャワーだけを拝借し、バスターミナルへ。Mさんともお別れ。
一路、ブエノスアイレスへ。この旅ももうすぐ終わりだ。

2011.01.19
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 14:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

南米のパリ

昼過ぎにブエノスアイレスへと到着exclamation×2

より大きな地図で Puerto Iguazu〜Buenos Aires を表示

ターミナルから歩いて15分ぐらいの所にある上野山荘別館にチェックイン。
マチュバッグのせいでめっちゃしんどかった。タクシー乗れば良かった。。

2時過ぎで時間も中途半端やけど、とりあえず中心街へ。
ブエノスアイレス
すげぇ・・・めちゃいい雰囲気ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
さすが南米のパリと言われるだけある。

ってパリ行ったことないんですけどね。。

昼食に中央飯店という中華料理屋へ。
もちろん麻婆豆腐を注文。値段は38ペソ(800円弱)。結構高い。
ブエノスアイレス
パラグアイで食べたものには到底かなわないけど味はそんなに悪くはなかった。
ってか、パラグアイのレベルが高すぎたんだ・・・うん。。

5月広場周辺。
ブエノスアイレス

かっこいい兄さんたちも警備に立ってます。
ブエノスアイレス

遙か向こうにオベリスクが見える。
ブエノスアイレス

そこから地下鉄に乗り、しばらく歩いて、とある場所へ。
ブエノスアイレス
これは入り口です。

ここ、何だかわかりますか!?
ブエノスアイレス

ブエノスアイレス

答えは・・・お墓!!

その名も、レコレータ墓地
最高の栄誉と富の持ち主が眠る最高級墓地。

さまざまなお墓が所狭しと並んでいます。
ブエノスアイレス

しかし規模がハンパじゃない。なんだこのでかさは。。

ここに墓を作れることがアルゼンチンでは最高の名誉だそうだ。

歴代の大統領や有名人の墓がたくさんある。
こちらは有名なエビータの墓

ブエノスアイレス
数ある中でもたくさん人が集まっていて、花も綺麗に供えられていた。

墓の規模やデザイン、位置や手入れ状況などなど、
墓を見ていると、その人の人生が見えてくるようだ。

ブエノスアイレス

自身の彫像や肖像を飾っているモノも数多くある。
ブエノスアイレス

いやーー!めちゃおもしろかった!!必見です猫

夜はタンゴを見に行きたかったのですが、あいにく格安チケット買えず・・・
今回はあきらめて、また次回のお楽しみに取っておくことにしました。

2011.01.20
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 16:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

マグをたずねて三千里

荷物をまとめるといつのまにか昼前。
情報ノートにあったレストランに行ってみることにした。

なんでも、南米一美味しいステーキ!とのこと。

正直なところステーキってあんまり好きじゃないねんけど・・・
そこまで言われたら食べに行くしかない。

宿から歩くこと30分程で到着。結構遠かった。
オベリスクの通りの向こうの方。1つ左の細い道沿いにある。

Chiquillinというお店。店内の雰囲気はこんな感じ。
ブエノスアイレス

そして出てきたステーキ。
ブエノスアイレス

おそるおそる口にしてみると、みるみるとろけていく肉
なんじゃこりゃーーー!!


とは言え元々のステーキ嫌いもあり、そこまで美味しいとも思えないのが本音。
ただし、そんな自分でもちゃんと完食出来るほどってことは一般人からしたらたぶんとても美味しいのだと思う。なので是非みなさん行ってみてください。

ブエノスアイレス

帰りに大通りを歩いていると、なんとマンガの店を発見!
中に入ってみるとすごい量の日本のマンガ(スペイン語版)が置いてある。
メジャーどころは全部おさえられてる感じ。でも1冊500円ぐらいする。
結構高い。が、見てると欲しくなってしまい、DEATH NOTEのコミックを購入。
スペイン語の勉強に使おうと思う。文章も多いし役立つだろう。

その後またオベリスクのほうまで出て、地下鉄に乗る。
ブエノスアイレス

歩いてる途中に立ち寄ったお店で買ったプレート。
プレート
(Bienvenidos = ようこそ)
プレート
(Baño = トイレ)

かわいくないですか!?これ。
ちょっと高かったけどデザインに惚れちゃったので奮発して買っちゃいました。

そして向かったのはプエルト=マデロ地区
ブエノスアイレス

何をしに来たかというと、スタバへ・・・マグを探しに・・・。
けど結局ここにも無かった。(実は3店舗目)

ちなみにこの周辺はプエルト(港)なので横浜みたいな感じの印象。
ブエノスアイレス

スタバはあと1店舗行ってみたけど、結局そこにも無かった。
かなり粘ってみたけど、もう作られてないみたいだ。残念。。
欲しかったよーー!!ブエノスアイレスマグ。。

求めてる人は結構居ると思うねんけどなぁ・・・。

帰りには有名なサンマルティン像を見て・・・
ブエノスアイレス

最後には時計台を見ながらバス乗り場へ。
ブエノスアイレス

いよいよ日本に帰るときが来た。はやかったなーーー!!

空港への高速道路では思いがけず謎のデモがあって1時間ほど遅れ・・・
(高速道路のド真ん中でやるか!?)
ヒヤヒヤしながらも無事到着。
早めに宿を出ておいてよかった・・・。

ブエノスアイレスからヒューストンまでは10時間。
ヒューストンから成田まで13時間と成田から伊丹まで1時間・・・
丸1日以上をかけて大移動。日付変更線を超えるので2日後に到着。

長いようで短かった、南米の旅が終わった。

2011.01.21-01.23
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

再び南米へ

仕事が終わるとすぐに職場を出た。
またまたフライングやけど、前年と同じ日に仕事納め。
飛行機は0時過ぎ。ご飯とお風呂の時間の余裕があるのがありがたい。

しかし、この年末の2週間の週末は万博公園でライトアップイベントがあり、
ちょっと見てみたかったので途中下車をして駅の近くから見てみることにした。


『イルミナイト万博』
イルミナイト万博

様々な映像が太陽の塔に映し出されてすごくキレイでおもしろい。
イルミナイト万博

クリスマスも近いからサンタさんにもなっていましたクリスマス
イルミナイト万博

関空に行くのには初めて梅田からバスに乗ってみた。
なんと客は自分1人だけだったので、なんか申し訳なかった。。

今回利用したのはカタール航空。関空からドーハへは11時間のフライト。
カタール航空

その後、カタールからブエノスアイレスまでは、サンパウロを経由して19時間
地球の真裏とは言え、長い・・・長すぎる。当日中に到着するっていうのもすごいけど・・・

より大きな地図で Osaka〜Buenos Aires を表示

日本を出発すること31時間程で、ようやく到着したのだった。

カタール航空
到着寸前のブエノスアイレスの夕暮れはとても美しかった。

2011.12.16-12.17
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ボカ〜サン・テルモ地区

昨日ブエノスアイレス市街に到着したのは22時過ぎだったので、
サンマルティン広場近くで空いていたホステルに宿泊した。

11ヶ月ぶりのブエノスアイレス!
っていうか、1年以内にこんな所までまた来るとは思わなかった。
1年前に行ききれなかった南米の南部へ、今回は旅をします。


1月に来た時にはレコレータ墓地やプエルト・マデロぐらいしか行ってなかったので、
今回はタンゴ発祥の地として有名なボカ地区へと足を運んでみることにした。

ブエノスアイレス
同じ宿の同じ部屋にたまたま泊まっていたHさんと一緒にバスに乗って向かった。
数十分乗っていると、賑やかな地区が見えてきて、そこで観光客は全員降りた。
ブエノスアイレス

ものすごく賑やかで、レストランや土産物屋さんが多く並んでいる。
これとかちょっとエロい。マネキンなのに思わず写真撮ってしまった・・・。

ブエノスアイレス
歩いていると店のニーチャンなんかは日本語で客引きをしてくる。
この日本語が結構上手で、なんとなく萎えてしまうレベルだった。

カミニート自体はすごく狭い範囲しかないので、ブラっと廻って終わり。
ブエノスアイレス
建物はみんな、すごくカラフルでとてもかわいい!!

タンゴの格好をした妖怪みたいなオバチャンが、手当たり次第に観光客に近づいては無理矢理一緒に写真を撮ってはチップを請求するというのを繰り返していたりするので、ちょっとおもしろかった。
ブエノスアイレス
(↑これはマトモなおばちゃん。)

その辺の建物にある落書き。マラドーナ!
ブエノスアイレス

そこから歩いてボカ・ジュニアーズの本拠地の側を通り、サン・テルモ地区へ。
ブエノスアイレス

お腹がすいたのでここで見つけた中華料理屋で今回の旅初の麻婆豆腐を・・・
ブエノスアイレス
見た目に寄らずこれは結構美味しかった!80点ぐらいかも!
地味な店やったけど、オススメ。店の情報はコチラ。
ブエノスアイレス

日曜日には5月広場までの道に露店が無数に建ち並び、たくさんの人で賑わう。
ブエノスアイレス

この通り、土産物や骨董品など、歩いているととてもおもしろい。
ブエノスアイレス
でもちょっと物価が高い。1年前より物価上がってる気がする。

暑い中をずっと歩きまわって疲れたので一度宿へ戻ってお昼寝。
そしてその後、バスターミナルへ。首都だけあってめっちゃ大きなターミナルでびっくり。
中々バスが来なかったけど、無事に乗車して夜行バスでコルドバへと向かった。


2011.12.18
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

ゲバラを訪ねて

夜行バスはロザリオを経由して、アルゼンチン第二の都市コルドバへ。

より大きな地図で ブエノスアイレス〜コルドバ を表示

何を隠そう、これは母を訪ねて三千里のマルコのたどったルートだ。
アニメとは言え、そんなことに思いを馳せながら移動するのもまた楽しい。


コルドバまでは8時間程度の道のり。
到着したのは朝の6時頃であった。そこからホステルを探し、荷物をおいて早速おでかけ!
どこに行くか悩んだけど、近くのアルタ・グラシアという町にあるという、
ゲバラが幼少の頃に住んだ家
へ、ミニバスに乗って向かった。


より大きな地図で Alta Gracia〜Cordoba を表示

バスターミナルから15分ほど歩いた後、家に到着したのはいいけど、
なんと閉まっているじゃないか・・・。

よく見ると月曜日だけは午前中はやってなくて、昼の2時からと書いてある。
うああああ!!やってもーた!!
まぁ下調べ不足な自分が悪いねんけど・・・ショック。。

アルタ・グラシア

2時から開くって言われても、さすがに4時間も時間潰せるほど何もないし。。
なんとこの日は町の真ん中にある世界遺産の教会も休みの日で、完全にここで心が折れてしまった。せっかく30分かけてバスで来たのだけど、何も見れず仕舞いでコルドバへ帰ることになってしまった。

コルドバへ戻ってからは、あまりの暑さでダウンしてシエスタ。もったいないような気もするけど、なんせ本当に月曜日は観光施設がどこも開いてないんだもの。
というわけで、そんなにウロチョロするわけでもなく、早めに休んだ。

そして次の日の朝、再びアルタ・グラシアへ。リベンジ!
ようやく中に入れた!!迎えてくれるのはゲバラの幼少期の銅像。
アルタ・グラシア

中に入ると大きくゲバラの写真が展示してある。
アルタ・グラシア

ベッドや机など、生活用品に加えて、医師免許とかも飾ってある。
アルタ・グラシア

そして、南米を旅したバイクも。
アルタ・グラシア
これって好きな人にはたまんないと思う。
モーターサイクルダイアリーの道をたどってバイクで旅するのもおもしろいやろうなぁ。。

アルタ・グラシア

観光に来てる人はあまり居なかったけど、ゲバラの住んだこの小さな町は、
静かで、自然のあふれる公園もあって、とてもいい雰囲気が漂っていました。

アルタ・グラシア

町の中心には大きな教会がある。
『コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群』として世界遺産に登録されている教会群の1つ。昨日は入れなかったので、もう一度ここにもリベンジ。
アルタ・グラシア
しかし、素人にはわかんねぇや。ちょっと広くて、静かな教会って感じだった。
キリスト教徒でもないし、ありがたみがわかんない。ま、そんなこともあるだろう。

コルドバに戻ってからもいくつか教会や大学など廻ってみた。
コルドバ

コルドバ

しかし、観光するにはちょっと退屈なコルドバの街なのでした。

その夜、またまた夜行バスに乗って、次の街メンドーサへと向かった。


2011.12.19-20
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする