2013年12月01日

テヘラン

マシュハドから国内線に乗ること1時間、首都テヘランへと到着した。
テヘラン
そこからタクシーで市街へと出て、目当てのホステルへと向かった。道路を走るだけでマシュハドとの違いがハッキリとわかる。すごい数の車と、段違いに多い排気ガス。道路沿いを歩くと少し咳き込んでしまうぐらいだ。ホステルは道路に面しているので、バイクの音がものすごく響く。

テヘラン
荷物を置いた後、地下鉄に乗り、イマーム・ホメイニ廟へと向かった。
テヘラン中心部より30分ほど乗って降りた駅から徒歩10分ほど。
いまだ建設中のイマーム・ホメイニ廟は人気も全然無く、まるで廃墟のようだった。
テヘラン
トイレにだけは人がやけにたくさん居た。ここでオジサンに日本語で話しかけられる。
昔日本で働いていたそうだ。もう忘れかけた日本語でカタコトだったけどいい人だった。

そして中心部まで再び戻り、手前の駅で降りてスークを歩くことにした。
テヘラン
しかしイメージしていたものと少し違う。観光客向けのものではなく、日用品マーケットだ。
ちょうど入ったところは下着街で、10分ほど歩いてもずっと下着屋が続いていて途方にくれた。
テヘラン

その日の夜は、テヘランでも唯一の中華料理屋に宿に居た男の子と行くことにした。
ようやくここで麻婆豆腐にありつける!!ラマダンは本当にきつい。
麻婆豆腐
正直美味しいとはお世辞にもいえない、中国でも海側の町の麻婆の味だった。60点。
その日はその男の子の友人のイラン人と少しドライブをした後、宿へと帰った。
ここで連れて行かれたのがテヘラン郊外のオシャレスポットだったのだけど、
超美人なイラン人の若者とかもいっぱいいて、疲れたけどおもしろかった。


次の日は、まず始めにアーザーディー・タワーへ。
テヘランの街の入り口に立つこのタワーは街のシンボル。
テヘラン
1971年にペルシア建国2500年を記念して造られたんだとか。年中無休と書いてあったのになぜか入り口は閉まっており、中が見れなかったのが残念だった。一応中は博物館になってるらしい。

ちなみに、テヘランに限らないがイランの街中にはこんなポストがたくさん立っている。
テヘラン
よくよく見るとサダゲ箱と呼ばれる募金のボックスであった。イランでは寄付という行為が日常生活の一部になっているかのように、これでもかというほど街中に立っていた。

そのままふたたび地下鉄で戻り、宝石博物館へ。
個々は写真撮影禁止なので残念だが、銀行の地下にある。言葉で表現するのは難しいが、想像以上にすごいモノが収蔵されていた。期待していなかった分、結構楽しめた。

テヘラン最後の観光は、旧アメリカ大使館
テヘラン

1979年におきたアメリカ大使館占拠事件。それ以来イランとアメリカは断交。
大使館を囲む壁には反米プロパガンダの絵が描かれている。

テヘラン

テヘラン

大都市ではあるがあまり見所は無いテヘラン。
暑くてラマダンでしんどかったけど、1日半で大体見終わりました。

2013.08.05-08.06
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 21:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/381658686
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。