2011年05月13日

旅のiPhone活用法

今回の旅のルートはこちら。
南米での総移動距離9,379km
改めて見直すとすごい距離を移動したなぁ・・・と感じます。


より大きな地図で Sudamerica を表示

ブログに載せていたこの移動ログ。
iPhoneアプリのGPS-Trek2というアプリで記録をしました。
基本電話機能は切っていますが、GPSはネット接続が不要なので関係無くログ取り可能。

こうやって後でどこを通って来たのかというのを地図で見返すとまた楽しいものです。
自分は今iPhone4を使っているのですが、他に特に動作をしなければ電池は持ちます。
でも、結構頻繁にログを取りたい人間なので、iPhone持ちの旅人にオススメなのが
eneloop mobile booster

これさえあればiPhoneなら2回ぐらいはフル充電できるのでとても便利。
そして、iPhoneやカメラを夜などに充電してドミトリーで置いておくのが不安なら
eneloopだけ宿で充電しておき、日中にUSBで繋いで置けば盗難の防止にもなります。


また、新しい街に行く際にしていることを1つ紹介。
あらかじめWi-Fiの繋がる所で次に行く街のバスターミナルから目星の宿の範囲でGoogle Mapsの地図キャッシュを取得しておき、タクシーや乗り合いワゴンに乗る際にはその地図とGPSで進む方向が合っているかどうかを確認する。
(『GPS-Trk』アプリ内でも地図をキャッシュできます。)

これは悪意あるタクシーによる被害を防ぐこともできるし、全然知らない土地でもかなり安心感が増して精神的に余裕を持って移動をできるので心強いと思います。

後、特に中南米のスペイン語圏を旅行する際には・・・
物書堂の西和中辞典・ポケプロ和西辞典があると便利。

スペイン語圏の旅行はスペイン語が理解できると100倍楽しい!
自分自身、あの人たちの陽気さにヤラレてしまってスペイン語を勉強してます。

個人的にはWifiTrakという微弱Wi-Fiも拾えるアプリを重宝してるのですが、これは今AppStoreでは販売が中止されているみたいです。残念。

というわけで、他にもたくさんありそうなiPhone活用法。
みなさんはどんな風に使っていますか!?


web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 18:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック