2013年12月08日

エスファハーンA

ラマダン明けを迎えて、改めてエスファハーンの観光をする。

最初にやってきたのは、マスジェデ・エマーム。エマーム広場の正面だ。
(たぶん)イランの女子高生の修学旅行らしき団体が来ていた。一緒に中に入っていく。
エスファハーン

中央礼拝堂の天井もどう例えていいのかわからないぐらいに細かい装飾で美しい。
エスファハーン
壁から天井までこのように装飾されており、ある一点の音が響くように造られていた。
エスファハーン

外へ出ようとすると、警備員らしき人物が建物の上に登らせてくれると言う。
ほんまに大丈夫かと思いながら、着いていく。

エスファハーン
狭い階段を登ると、建物の裏手に出て、また言われるがまま着いていく。
エスファハーン
エマーム広場は気持ち少し見えたぐらいだった。マスジェデの上に登れたらなぁ。。
エスファハーン
それでも中央礼拝堂は上から見たほうが断然迫力があった。満足満足♪
エスファハーン

エマーム広場は憩いの場。みんな服を脱いで大はしゃぎで水遊びしていた。
エスファハーン

こちらはお昼ご飯に食べたケバブ。
エスファハーン

夕方にはアリー・カプー宮殿に登る。ここからは広場が見渡せてとても気持ち良い。
エスファハーン

ザーヤンデ川に架かるスィー・オ・セ橋。夜には綺麗にライトアップされる。
川に水が流れていればもっと綺麗だっただろうに・・・。

エスファハーン
郊外の山の上に夜景を見に行ったりもした。
エスファハーン

その次の日には、午前中にイランでは珍しいキリスト教の教会へ。
アルメニア人街のジョルファ地区にあるヴァーンク教会

エスファハーン
壁に描かれた絵はとても迫力があり見ごたえがあった。
イランでここまでの教会を見れるとは思っていなかったのですこし驚いた。
エスファハーン
しかしこのようなドームはなんとなくイスラム教の装飾を思い起こさせる。
エスファハーン

その後は、カフェやチャイハネでゆっくりして夕方まで過ごした。本当にいい街だ。
エスファハーンの滞在もこれで終わり、夜行バスに乗って次の街へと向かった。

2013.08.09-08.10
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | イラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。