2012年02月04日

長島

長年の夢だった長島スパーランドへ遊びに行ってきました。
長島
雨の予報だったけど、雨はほとんど降らず。。
人が少ない中ジェットコースター乗り放題でした!!


入り口の横にあるアンパンマンミュージアム
そこで作られていたパンたち。かわいすぎ!!

長島
パンは中に入らないと買えないみたい。時間があったら入ってみたかったな。。

夕方には近くのアウトレットへ。夜はジェットコースターもライトアップ。
長島

その後、なばなの里へ。冬のイルミネーションが始まったばかりでした。
長島

長島

雨の日の特権!!水たまりに明かりが反射してとてもキレイぴかぴか(新しい)
長島

長島

こんなキレイなイルミネーションひさびさに見ました。
ジェットコースターもいっぱい乗れたし、大満足な1日でした。

2011.11.05
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 18:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

四日市

先日雑誌で特集をしているのを見てから無性に行きたくなった四日市

「公害」「ぜんそく」のイメージしかないこの街。
その原因となったコンビナート群が海沿いに並んでいる。
四日市コンビナート

今、この四日市コンビナートの夜景がキレイで一部の人にウケている。
こう考えると、世の中何が吉と出るかなんてほんまにわからんもんですね。


ネットで見たいくつかのスポットを回ってみたけど微妙で・・・
結局行き着いた四日市港ポートビルが最高に良かった。
土曜日のみ、夜間まで営業していて展望台に入ることができる。


そこから見える景色がコレ。
四日市コンビナート

はぁ?と思われたかもしれませんが、実際見ると結構キレイなんです。

しかし、実際見るより写真撮る人のほうが楽しめるのがココ。
少しシャッタースピードを長くして撮ってみるとこうなる。

四日市コンビナート

うおおお!!すっげーーー!!!!

もっと拡大したのがコレ。

四日市コンビナート
ああああ!たまんないわ!!

写真マニアかカップルしか居ない異様な雰囲気という噂もあったけど・・・
それなりにじゅうぶん楽しめてよかったよかった!
その後足を運んでみた街外れの丘から眺めた夜景もとてもキレイでした。
四日市

なんか工場夜景にハマる人が居るのがわかる気がした、そんな夜。

2011.11.12
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

竹田城趾

さて、竹田城というお城をご存じですか?

最近では少し有名になり『日本のマチュピチュ』なんて言われたり。
単なる山の上に建つお城の跡なのですが、11月頃になり条件が揃うと
なんと雲海の中に浮く、天空の城へと変身するんです!!


午前0時に出発し、3時間弱で兵庫県朝来市へと到着した。
当たり前のことだけど、辺りはまだ真っ暗。
特にお城の近くには街灯1つない場所があって、そこから眺める星空はワディ・ラムの砂漠から見たものに匹敵するぐらいとてもキレイだったぴかぴか(新しい)

お城に行くのは明るくなってからで構わないので、日の出から雲海に包まれるお城を眺める絶好のスポットである立雲峡に最初に向かった。

わかりにくい道を上っていったその先に駐車場があり、そこから更に山登り。
17回目の挑戦だとかいうオッチャンに連れられてオススメポイントで待機。

竹田城趾
まだ空は真っ暗だけど、町の光が雲に包まれているのがわかる。

5時を過ぎると徐々に空も明るくなってきた。
竹田城趾

雲は消えたり出てきたりを繰り返し、時々刻々と風景は変化していく。
周りにもすさまじい人たちが山を登ってその景色を見に来ていた。


完全に日が登ったころの景色。10時ぐらいまでその場所で粘った。
竹田城趾

完全とは言えないまでも、立派に雲に囲まれた竹田城。
紅く燃えるように紅葉した山と雲のコントラストもとてもキレイ晴れ


そして雲が消えかかる頃に山を降り、お城へと向かった。
竹田城趾

遠くに見える橋は実際近くに行くとトンでもないデカさだった橋。
竹田城趾
だいぶ登ってきたんだなぁと実感する。

眼下に広がる景色はまさに『日本のマチュピチュ』の名に恥じない絶景!!
竹田城趾

お城そのものは今は無いけど、残っている城壁だけでもものすごいexclamation×2
竹田城趾

正直、期待以上の絶景で、みんなで大満足して帰って来ました猫

2011.11.26
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

posted by がちゃ at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

再び南米へ

仕事が終わるとすぐに職場を出た。
またまたフライングやけど、前年と同じ日に仕事納め。
飛行機は0時過ぎ。ご飯とお風呂の時間の余裕があるのがありがたい。

しかし、この年末の2週間の週末は万博公園でライトアップイベントがあり、
ちょっと見てみたかったので途中下車をして駅の近くから見てみることにした。


『イルミナイト万博』
イルミナイト万博

様々な映像が太陽の塔に映し出されてすごくキレイでおもしろい。
イルミナイト万博

クリスマスも近いからサンタさんにもなっていましたクリスマス
イルミナイト万博

関空に行くのには初めて梅田からバスに乗ってみた。
なんと客は自分1人だけだったので、なんか申し訳なかった。。

今回利用したのはカタール航空。関空からドーハへは11時間のフライト。
カタール航空

その後、カタールからブエノスアイレスまでは、サンパウロを経由して19時間
地球の真裏とは言え、長い・・・長すぎる。当日中に到着するっていうのもすごいけど・・・

より大きな地図で Osaka〜Buenos Aires を表示

日本を出発すること31時間程で、ようやく到着したのだった。

カタール航空
到着寸前のブエノスアイレスの夕暮れはとても美しかった。

2011.12.16-12.17
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

ボカ〜サン・テルモ地区

昨日ブエノスアイレス市街に到着したのは22時過ぎだったので、
サンマルティン広場近くで空いていたホステルに宿泊した。

11ヶ月ぶりのブエノスアイレス!
っていうか、1年以内にこんな所までまた来るとは思わなかった。
1年前に行ききれなかった南米の南部へ、今回は旅をします。


1月に来た時にはレコレータ墓地やプエルト・マデロぐらいしか行ってなかったので、
今回はタンゴ発祥の地として有名なボカ地区へと足を運んでみることにした。

ブエノスアイレス
同じ宿の同じ部屋にたまたま泊まっていたHさんと一緒にバスに乗って向かった。
数十分乗っていると、賑やかな地区が見えてきて、そこで観光客は全員降りた。
ブエノスアイレス

ものすごく賑やかで、レストランや土産物屋さんが多く並んでいる。
これとかちょっとエロい。マネキンなのに思わず写真撮ってしまった・・・。

ブエノスアイレス
歩いていると店のニーチャンなんかは日本語で客引きをしてくる。
この日本語が結構上手で、なんとなく萎えてしまうレベルだった。

カミニート自体はすごく狭い範囲しかないので、ブラっと廻って終わり。
ブエノスアイレス
建物はみんな、すごくカラフルでとてもかわいい!!

タンゴの格好をした妖怪みたいなオバチャンが、手当たり次第に観光客に近づいては無理矢理一緒に写真を撮ってはチップを請求するというのを繰り返していたりするので、ちょっとおもしろかった。
ブエノスアイレス
(↑これはマトモなおばちゃん。)

その辺の建物にある落書き。マラドーナ!
ブエノスアイレス

そこから歩いてボカ・ジュニアーズの本拠地の側を通り、サン・テルモ地区へ。
ブエノスアイレス

お腹がすいたのでここで見つけた中華料理屋で今回の旅初の麻婆豆腐を・・・
ブエノスアイレス
見た目に寄らずこれは結構美味しかった!80点ぐらいかも!
地味な店やったけど、オススメ。店の情報はコチラ。
ブエノスアイレス

日曜日には5月広場までの道に露店が無数に建ち並び、たくさんの人で賑わう。
ブエノスアイレス

この通り、土産物や骨董品など、歩いているととてもおもしろい。
ブエノスアイレス
でもちょっと物価が高い。1年前より物価上がってる気がする。

暑い中をずっと歩きまわって疲れたので一度宿へ戻ってお昼寝。
そしてその後、バスターミナルへ。首都だけあってめっちゃ大きなターミナルでびっくり。
中々バスが来なかったけど、無事に乗車して夜行バスでコルドバへと向かった。


2011.12.18
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

ゲバラを訪ねて

夜行バスはロザリオを経由して、アルゼンチン第二の都市コルドバへ。

より大きな地図で ブエノスアイレス〜コルドバ を表示

何を隠そう、これは母を訪ねて三千里のマルコのたどったルートだ。
アニメとは言え、そんなことに思いを馳せながら移動するのもまた楽しい。


コルドバまでは8時間程度の道のり。
到着したのは朝の6時頃であった。そこからホステルを探し、荷物をおいて早速おでかけ!
どこに行くか悩んだけど、近くのアルタ・グラシアという町にあるという、
ゲバラが幼少の頃に住んだ家
へ、ミニバスに乗って向かった。


より大きな地図で Alta Gracia〜Cordoba を表示

バスターミナルから15分ほど歩いた後、家に到着したのはいいけど、
なんと閉まっているじゃないか・・・。

よく見ると月曜日だけは午前中はやってなくて、昼の2時からと書いてある。
うああああ!!やってもーた!!
まぁ下調べ不足な自分が悪いねんけど・・・ショック。。

アルタ・グラシア

2時から開くって言われても、さすがに4時間も時間潰せるほど何もないし。。
なんとこの日は町の真ん中にある世界遺産の教会も休みの日で、完全にここで心が折れてしまった。せっかく30分かけてバスで来たのだけど、何も見れず仕舞いでコルドバへ帰ることになってしまった。

コルドバへ戻ってからは、あまりの暑さでダウンしてシエスタ。もったいないような気もするけど、なんせ本当に月曜日は観光施設がどこも開いてないんだもの。
というわけで、そんなにウロチョロするわけでもなく、早めに休んだ。

そして次の日の朝、再びアルタ・グラシアへ。リベンジ!
ようやく中に入れた!!迎えてくれるのはゲバラの幼少期の銅像。
アルタ・グラシア

中に入ると大きくゲバラの写真が展示してある。
アルタ・グラシア

ベッドや机など、生活用品に加えて、医師免許とかも飾ってある。
アルタ・グラシア

そして、南米を旅したバイクも。
アルタ・グラシア
これって好きな人にはたまんないと思う。
モーターサイクルダイアリーの道をたどってバイクで旅するのもおもしろいやろうなぁ。。

アルタ・グラシア

観光に来てる人はあまり居なかったけど、ゲバラの住んだこの小さな町は、
静かで、自然のあふれる公園もあって、とてもいい雰囲気が漂っていました。

アルタ・グラシア

町の中心には大きな教会がある。
『コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群』として世界遺産に登録されている教会群の1つ。昨日は入れなかったので、もう一度ここにもリベンジ。
アルタ・グラシア
しかし、素人にはわかんねぇや。ちょっと広くて、静かな教会って感じだった。
キリスト教徒でもないし、ありがたみがわかんない。ま、そんなこともあるだろう。

コルドバに戻ってからもいくつか教会や大学など廻ってみた。
コルドバ

コルドバ

しかし、観光するにはちょっと退屈なコルドバの街なのでした。

その夜、またまた夜行バスに乗って、次の街メンドーサへと向かった。


2011.12.19-20
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

アンデスを越えて

バスは朝、メンドーサのバスターミナルへと到着した。

より大きな地図で コルドバ〜メンドーサ を表示

メンドーサは、ワインの一大生産地で有名な街。
ボテガを廻ってワインを飲んで楽しむのが主な観光であるこの街は、
アルコールアレルギーの自分は根本的に滞在する意味の無い街だ。


ちょっと悩みはしたけど、このままもう一度バスに乗って一気にアンデス山脈を越えてチリに入ってしまうことに決めた。というわけで、到着後すぐにバスのチケットを購入。
朝ご飯と昼ご飯にと、パンを買い込みバスへ乗り込んだ。

メンドーサを出てすぐに、窓の外には大きな山々が見えてくる。
メンドーサ〜サンティアゴ

そして、バスは、しばらくすると高い山々の中へと入って行った。
メンドーサ〜サンティアゴ
窓の外の景色をずっと眺めていても全然飽きない!

壮大な景色が連なるアンデスの真ん中にイミグレがあり、チリへ入国
メンドーサ〜サンティアゴ

びっくりするぐらいグネグネ道を通り過ぎて、夕方にサンティアゴへ到着した。
メンドーサ〜サンティアゴ

サンティアゴの第一印象は大都会
長時間の移動に疲れたので、宿で早めにゆっくりと休んだ。



より大きな地図で メンドーサ〜サンティアゴ を表示

2011.12.21
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | アルゼンチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。