2011年11月03日

魚の島、迷路の島

朝起きて、昨日行けなかった隣の島へ。
サンマルコまで水上バスで2駅やけど、1駅目は隣の島で停まる。
どうやらサン・ジョルジョ・マッジョーレ島というらしい。舌噛みそう・・・。

そこにも教会があって、ベネチアで2番目の鐘楼がある。
サンマルコ広場を対岸に望むその鐘楼の景色はさぞ綺麗だろう!!
と意気込んで5ユーロ程度の入場料を支払い塔の上へ。
ベネチア

期待通り景色はとてもイイ!!
ベネチア

対岸の本島や海をゆく船達。なんとも言えない風の気持ち良さ。
ベネチア ベネチア

よく見るとサンマルコの周辺は本当にすさまじい人の数だ。。
ベネチア
人なんてほとんど居ないように見えたこの島だけど、鐘楼には結構な人が登っていた。

そしてそこからまた水上バスに乗ってベネチア本島へ。
余談やけど、ベネチアの本島の形って魚に見えませんか!?

これだけ取ってもなんか本当に水の都って感じがします。

本島は昨日ほとんど見所は廻ってしまったので、今日はゆったり歩いてお土産物あさり。
ベネチア

本島ではサンマルコから離れると結構閑静な地域が多い。
ベネチア

細い路地が迷路のように入り組み、思った所に行けないことも。
ベネチア
この先の道に行きたいのに!!なんてことも多々・・・

しかし、そんな街歩きがまた楽しいぴかぴか(新しい)
自分と同じようにさまよい歩いている人が居るとついお互い微笑む。


この街では、行きたい所に行こうとして地図を見ても絶対に迷う。
今まで一度地図を見たら後は何も見なくてもたどり着ける自信があったけど、この街だけはそうは行かない。iPhoneにキャッシュしたマップを表示して、GPSで確認しながら目的地を目指して歩くということを繰り返す。そうでもしない限りこの街では目的地にたどり着ける気がしない。

ベネチア

こんな感じの広場も数え切れないぐらいあった。もうどこがどこだか。。
ベネチア

人の少ない路地と船。こういう所では景色をじっと眺めていたくなる。
ベネチア

海の上の街なだけあって、海産物の店も結構見かけた。
ベネチア

夕方になって明かりが灯り始めたときの雰囲気は格別。
ベネチア

最後に見かけたガラス細工屋さんの置物がものすごく好みでした・・・笑
ベネチア

【オマケ】
ベネチア本島には2つの中華料理屋があって、(もっとあるかもしれないけど)
せっかくなのでどちらにも入って麻婆豆腐を注文。

『海城』の麻婆豆腐
麻婆豆腐@ベネチア
65点。

『天津』の麻婆豆腐
麻婆豆腐@ベネチア
60点。
どちらも量がめっちゃ少なくて萎えました。

最後の夜は1人でパスタを食べていると声をかけてくれた日本人の女の子2人と夜のベネチアを散策。夜景を楽しんで、次の日の朝にバスでベネチア空港へ。そしてドバイ経由で日本へ帰国。
長くて短かった東欧の旅行はこれでお終いお終い★


2011.08.05-08.06
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月27日

千と千尋の世界へ

しばらく更新サボってました。。

話は9月に遡ります・・・
2つの三連休と、間の3日間も有休取っていざ旅行へ!
というわけで、今回の行き先はお隣の国台湾飛行機


ジェットスターアジア航空で往復4万2千円。まぁ許容範囲。
とは言っても正直、沖縄とかに行くより安い。。

関空へ行く前に梅田のスカイビルでやっていたフィエスタ・メヒカーナへ。
そしたら、メキシコシティーの宿で会ったKさんに遭遇。いやーびっくりした!
とりあえずケサディージャだけ食べて、コロナビールちょっとだけ飲んで、
3時頃に関空へ!バックパックなんて背負ってんの自分だけとかちょっと寂しい。

台北近郊の桃園国際空港へは2時間弱のフライト。
到着したときにはもう夜になっていた。適当な宿に泊まって、
次の日の朝、地下鉄に乗ってとあるバス乗り場へ。

初めて乗った台湾の地下鉄。結構これがスゴイ。
ICチップが内蔵されたコイン型の切符。
台湾

なんかメンテナンスしてるおっちゃん。
台湾
映画とかでハッキングしてる人みたい。

使用状況のわかるトイレ。
台湾

特にICチップ式の切符は日本では見たことが無いので斬新だった。

バスに乗って最初に向かうのは九份という街。
ここは映画『千と千尋の神隠し』のモデルになった街
バスを降りてすぐに路地へと入って行く。
台湾
すさまじい人をかきわけて、進む進む進む。

道ばたには様々な食べ物が売られている。
興味はあるが、すさまじいニオイを放っているものも・・・


そしてとりあえず、かき氷的なモノを食べる。
台湾
豆ミックスな氷って感じ。不思議な味だけど美味しかった。
このお店から見えた景色も結構よかった。また食べたい。

台湾
適当に歩いていると女子大生に話しかけられた。
ちょっと日本語を勉強しているとかで片言の日本語で話してくれた。
日本を好きな人がこうやって話しかけてくれるのは嬉しい。

やけにたくさんの人が買ってたジュース。
台湾
その容器がドラえもんだった。かわいい。。

ここらへんが一番雰囲気あるかな?
台湾

台湾
夕方ちょっと暗くなって提灯がつくまで居ようかと思ったけど、思ったより小さい街で時間を持てあますので台北まで帰ってきてしまいました。

戻って立ち寄ったのが中正記念堂。蒋介石が祀られてるらしい。
台湾
衛兵がパフォーマンスしていてすごい人だかりできてました。
台湾

こちらは國父記念館の前にある健康歩道
台湾
どんだけ長いねん!!っていうぐらい長い。
健康歩道初挑戦にしてはちょっと長すぎた。かなり足痛かった。。


晩ご飯には地球の歩き方に乗っていた四川料理屋で麻婆豆腐を・・・。
台湾
ちょっと値段お高めで、味も辛め。個人的には65点。。

夜には士林の夜市へ。
台湾
ものすっごい人やった。歩くのが苦痛なぐらい。
てか、夜市って1人で行っても寂しいだけやった・・・。

2011.09.17-09.18
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

花蓮(太魯閣渓谷)

自強号とかいう特急列車に乗り、東回りで南へと向かう。
太魯閣

向かったのは花蓮という街。太魯閣渓谷観光の玄関口だ。
太魯閣
昼頃に到着した花蓮から太魯閣までバスで行こうと思ったのだけど、
もうすでにバスはなくなっていたので仕方なくタクシーで行く羽目に・・・。


しばらく走っていくと、渓谷沿いの道へと入っていった。
結構すごい岩がいっぱいあるexclamation×2というか、道路の上も岩やったり。
太魯閣

渓谷の一番奥の天祥まで行って、とりあえず山の上に見えるお寺へ。
太魯閣

国立公園にまでなってて結構有名なんやと思うねんけど観光客はほとんど居ない。
塔の上からの景色はがんばって登った分、やっぱりイイ景色★

太魯閣

太魯閣

塔の上から内部を撮った写真もアートに見える・・・笑
太魯閣

その後は近くにある食堂で竹筒ご飯を食べ、川に沿って歩いてみる。
太魯閣

渓谷の景色はすごい。岩を見てるとつい写真撮りたくなる。
しかし、上に岩がある所ではヘルメットが無いとちょっと怖い。

太魯閣
常に上を注意しながら歩いた。そして適当なバス停でバスに乗り花蓮へ。

しかし、花蓮にもそんなに言うほど見所もないし、その先にある台東でも言うほど行きたい所もなかったので一気に高雄まで行ってしまうことにした。
時刻表を見るとどうやら23時頃には到着できそうな雰囲気だ。

5時間ほど乗っただろうか、ようやく高雄に着いたら宿へ。
乗り物の乗りすぎでちょっと疲れたけど、宿に居た人たちと話が盛り上がり、結局寝たのは3時頃であった。

2011.09.19
web拍手 にほんブログ村 旅行ブログ 海外一人旅へ

posted by がちゃ at 22:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。